こんにちは、大木です。

今月から、カメラ転売を開始し、

・備品と消耗品の準備
・店舗の全頭リサーチ
・ヤフオクのリサーチ

など、久々にゼロベースで
未知の世界に足を踏み入れています。

 

今日は撮影用のデジカメとレンズを購入し、
販売用のレンズを初めてひとつ仕入れることができました。

店舗のスタッフさんも、分からないことを聞くと
想定の3倍くらいの情報量で解説をしてくれます。

 

カメラ業界では、バイヤーが店に来ることは日常的らしく、
仕入れにきたと店員さんにこちらから伝えると
白い目で見られることもなく、好意的に接してくれます。

 

ただ、覚悟はしていましたが、
この最初の段階では、仕入れをするのはかなり大変です。

本を仕入れてAmazonで売れば
明日からすぐにでも一日で数万円の利益、
その3倍の売上を立てていたので、
今までどれだけ楽をしていたのかを痛感しています。

 

ですが、本はどこまで行っても商品単価や労働量に
天井がある以上、不倫から抜けられない男女の如く、
いつかは卒業しなければいけない道。

2カ月目3カ月目には一気に楽になってくるらしいので
当面は辛抱して修行していきたいと思います。

 

さて、その本せどりをしていた
Amazonのアカウントですが、今月の1日に
ウイルスの被害に遭いました。

 

その結果、キーの操作ログから
IDやパスワード情報を盗難されたらしく、

・クレカの不正アクセス大量決済
→Amazonの購入者アカウント強制停止
→紐づいたAmazonの出品用アカウント強制停止

という3連コンボを喰らい、
ログインや一切の操作が出来ない状況になりました。

 

当然、売上金の支払いもストップです。

 

翌日から、連日長時間の電話対応を続けていますが、

・窓口から担当部署への依頼に時間がかかる
・担当部署から直接の連絡はできないので、
逐一連絡して頂くしかない

という押し問答が一週間近く続いています。

 

ウイルスは完全に想定外で、背後から刺された気分です。

まあ、何らかの形で収束するとは思いますが、
売上金の回収が半月や一ヶ月以上遅れるというのは、
資金や利益率にもよると思いますが、かなり痛い問題です。

 

しかし、Amazonは単なるプラットフォームである以上、
基本的には、担当部門が機械的にフォローをすることになります。

 

・私の会社は、人生を懸けてAmazonで商売をしている
・弊店の方針として、お客様の要望には、迅速に応えたい

 

そんな事情は、一切関係ありません。

特定の会社に対する特別な対応を許可してしまった場合、
マニュアル対応が崩れ、組織として混乱してしまうからです。

 

なので、もしこの問題がひと段落して、
再び正常にAmazonでの販売が可能になったとしても、思うのです。

 

 

プラットフォームという、ルールも主導権も
全部運営側に握られている環境に対して

商売や生活の全てを懸けている状況自体が
そもそも、事業主として間違っているんじゃないのか?

 

 

もっと言えば、

Amazonを含め、ヤフオク、Google(アドセンス)など
特定の会社のインフラを使って、そこに売上や収入の全てを
握られている状況を、

「ビジネスをしている」

と言えるのだろうか?

 

電話を繰り返す内、
最初はAmazonの機械的な対応にイラついていましたが、

途中から、そもそもこんな電話をしている状況を招いている
自分が一番馬鹿だと思い、情けない気持ちになりました。

 

仮に今後売上が10倍になったら、
10倍のリスクを抱えて商売をすることになるだけで
根本的な問題は何も解決しません。

少なくとも、ウイルス一発やカード決済の些細なミス一発で
ある日突然、商売の土台が傾いたり、廃業が迫るような状況で
家族を持ったり、親を介護したりなんて絵空事です。

 

社長「あと数日で、資金がショートしそうなんです」

窓口「担当部署に連絡させて頂きます」

これがもし、一般企業同士のやりとりだとしたら、
絶対に対等な関係ではないし、信頼関係なんて
実は最初からどこにも無かったのだと思います。

 

むしろ、

権限が主側にあるのは百も承知!うちの会社の売上の為に
堂々と利用させてもらいます!
手数料も多めに払います!
青臭い信頼とか要らんのでWIN-WINの利害関係になりましょう!
ただ、舐めた真似したら、いつでも撤退してやるからな!

というのが正しい態度なんだと思う

 

そう考えると、この件の根本的な問題は、
ウイルス対策ソフト導入代金をケチっていたことではなく、
音声教材のMP3化に安い海外ソフトを使ったことでもなく、

Amazon一本に収入源を絞って収入を得ることを
商売のあるべき状況だと勘違いしていたことです。

 

エンドユーザーから直接お金を貰うにしろ、
決済のインフラは必要だし、一切の何にも頼らない、
というのは理想論かもしれませんが、

例えば鉄道や飛行機は毎日正確にダイヤを刻んでいるし、
八百屋は毎日必ず野菜を揃えて店を開店しています。

そこには、事業者とお客様の間に対等な力関係と、
毎日必ず価値交換ができるという信頼関係があるから。

 

この需要と供給が崩れた場合、商品の品質が落ちたり、
客側が離れていったり文句を言う状況が生まれます。

最終的には、大きな信頼関係を作りたいと思ったら、
より大きな相応の価値提供ができる力を、
自分が持つしかありません。

 

インターネットビジネスの世界で言うなら、

・売れる商品を作る力

・人を集める力

・売る力

が代表的な3つです。(ざっくり)

 

自分が今、もしくは少し先の未来、
誰かの為に一番大きな価値を与えられることは何だろう?

 

引き続き、当面のやることは変わりませんが、
売上を上げ、稼いだ金をキッチリ回収する最中でも、
最終的な理想の商売の形をしっかり考えていこうと思います。

 

追伸:
ウイルス対策ソフトは年間たったの5000円です。
まだ導入していない方は、人生のどこかで後悔するので、
個人法人関係無く、必要経費として絶対に導入してください。
https://jp.norton.com/

会社員時代、あれだけセキュリティ対策や、関連する
社内研修やらにコスト割いてた理由を、今回の件で察しました

こんにちは、大木です。

 

今日は、BOSコンテンツの

アウトプットではないのですが、

 

人のブログや情報発信を読むことの

意味について少し、考えてみたいと思います。

 

 

タイトルにもある通り、このブログは

BEC Online Schoolのアウトプットブログとして

 

・学んだことを知識として定着させる

・自分が学んできたことを記録しておく

・BOSを検索してきた人の疑問を解決する

 

という目的の為に設立し、更新してきました。

 

 

ですが、最近、何名かのブログを読んでいて、

 

「自分が指導者から受けた指導について、

間接的にその指導を、読者にも与える」

 

という効果があることを感じています。

 

具体的には、BEC3.5期の主催者、直哉さんのブログ。

 

・たくさんのメルマガを読めという指導を受けた

→メルマガを100通以上登録して読んだ

 

文章だと数行で終わる内容だし、

その背景や詳細は全く分かりませんが、

少なくとも、この裏には、何かしらの指導の跡があった。

 

すると、実際に自分が三浦さんから指導を受けたり、

教材を買ったりする以前に、この人が

一体どんな人なのかを想像する余地が生まれてきます。

 

 

キングコングの西野さんのブログも

彼がどんな人なのかを知るために、

アーカイブを遡ってみました。

 

・努力することを選べ

・鼻で笑われる挑戦以外に価値は無い

・後輩の悪口はいらない

・メモを必ず取る、その場で取る

 

普段の取り組みそのものは詳細まで載せていませんが、

それでも節々に、自分が大切にしている信念や

言葉そのものを知ることができます。

 

吉本の養成所時代、先輩のロザン菅さんに

・その行動に何の意味があるのか

・その行動の先に何があるのか

・その行動によって、恩恵を受ける人と

ワリを食う人は、どれだけ発生するのか

 

これを毎日一つ一つの行動に対して

毎日問われ続けてきたというエピソードも

書いてありました。

 

少なくとも、同じ水準でものを考える胆力が無いと

同じ目線には立てないし、

一緒にものづくりや企画をすることは一生出来ない。

 

ブログを読んでいるだけでも、そう感じます。

 

 

ネットビジネスの世界、

指導者と教え子の関係というのは

お金を払うだけで成立する事がほとんどです。

 

ですが、お互いに長期間関わる中で、

お互いの深い部分や、教える場合は

相手のことを掘らないといけない部分も当然出てきます。

 

 

喧嘩別れをしたり、嫌な面が見えた結果、

教えてもらったことを全く聞き入れなくなるような

関係になるのは、お互いにとってすごく残念な事。

 

 

だからこそ、教わる立場の人間は

指導を受ける前にブログを隅々まで読んで

相手の実績だけじゃなく、人となりを知るべきだし、

 

 

僕ら教える側も、相手が安心して教われるよう、

自分の想いや人となりの部分を、

しっかり語らないといけない。

 

頻繁に更新をすることで、この人は信頼できると

思ってもらわないといけない。

 

それは、相手のためでもあり、

結果として自分のためでもあります。

 

 

物販を突き詰めようと思えば思うほど、

人に対する思いやりや優しさが無くなっていくのは

自分自身の行いを見ていても、実感します。

 

 

この一年、転売や情報発信を頑張った結果、

プライベートでは、数多くの友達との縁を切りました。

 

友達と会うことを、売上や金に換算して考える感覚は

必要な面もある一方で、度が過ぎると、本当に残念な人になる。

 

お前は一体、何のために仕事をやっているんだよ。

 

そこは、来年の自分の課題です。

売上を上げて、自分の周りの人を

もっと大事にできるようになる。

 

これから新たに出会う人もたくさんいると思いますが、

素敵な人と巡り合い、共に毎日を過ごせるよう、

自分の中にある思いを、リアルに発信していきます。

—-
メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら
—-

こんにちは、大木です。

ここ数日、BEC Online Schoolの講座で
集中的に案内をされている動画があります。

 

それは、「Mr.KOI流リーダーシップ論」
という名前の、BEC3期での講義映像です。

 

この講義は

・前半:人間関係を断捨離することの提案
・後半:リーダーシップとは何か

という2つのパートで構成されていますが、
講座の中では、前者を強く推して紹介されています。

 

それは恐らく、講師の三浦さんご本人が、
定期的に関係を断捨離することの重要性を
自分の経験を通して、深く感じているからです。

 

僕もこれまで、人生の何度かの転機となる場面で
人間関係を何度も断捨離してきました。

ただ、講義を通じて自分の過去を振り返った時、
共通して一緒に行っていることが一つあります。

それは、住んでいる場所を
強制的に変えてしまうことです。

 

・地元の人間関係と閉鎖的な空気感、
皆で協力して力を合わせる関係の押し売りが嫌だ

→伊豆の地元から三島へ進学。
結果、地元の友人とほとんど連絡を取らなくなる。

 

・高専の古い体質、技術者のプロ意識が無い奴や
成績の悪い奴は全員クズだという閉塞感

→都心に就職、埼玉に引っ越し。
結果、学生時代の友人とほぼ連絡を取らなくなる。

 

・会社の為にいかに自我を殺し、組織として
成果を挙げるかが昇進に繋がる環境へのジレンマ

→川崎から横浜に引っ越し、
会社員時代の友人とほぼ連絡をとらなくなる。

 

多少は寂しいと思う時もありますが、
それ以上に、新しい取り組みに集中できるので
今思えば、住む場所を変えて、本当に良かった。

僕らが思っている以上に、
無意識の内に、今の人間関係が
新しいチャレンジの足枷になってることは多いです。

 

特に、これから何か大きな
チャレンジを控えている場合。

その邪魔になる予定や人間関係は、
グーグルカレンダーや連絡先から一掃してください。

 

そして、気軽に連絡を取れないくらい、
物理的に離れた場所や、
理想の住処に引っ越しましょう。

8月のお盆の時期は、引っ越し業者の相場が
繁忙期の10分の1以下になるので
ここを狙って動くのが特におすすめです。

 

家賃がびっくりするくらい安い場所に住むか、
アホみたいに高いところに住んで自分を追い込むかは
その人次第ですが、住む場所の影響は大きいです。

都内なら、シェアハウスもコスパは良いと思いますが
リア充を強制されるような所は、辞めた方がいいです。

 

以上を踏まえて、断捨離を定期的に行い、
自分の理想の生活・理想の人間関係を
手に入れていきましょう!

—-
メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら
—-

こんにちは、大木です。

昔から飲み会の幹事をよく担当してきましたが、

・同じメンバー
・同じ開催地
・特に何か特別なイベントではない定期飲み

この三拍子が揃った飲み会を盛り上げるための
店の選定には、毎回なかなか悩まされます。汗

 

まさに、そんな悩みを解決してくれるのが、
ここ連日BOSの購入者通信で案内をして頂いている
企画力養成ワークショップです。

コンサル生の中には、これを3回受講し、
Youtubeの映像の企画力が一気に跳ねた人も。

 

内容は、面白い企画をするために必要なこと。

…というとざっくりに聞こえてしまいますが、
3時間という長い尺の講義なので、
三部構成に分かれています。

 

冒頭で話されていたのは、
企画をする上での「前提」の部分。

 

例えば、今回の飲み会の店の選定で言えば、
別にこれがよく分からない五人組の場合、
わざわざ集まって飲み会をする理由がありません。

だからこそ、多人数で集まって何をするのか?
そもそも、何故集まる必要があるのか?

その制約となるものを洗い出し、
開催するための5W1Hを解決する
魅力的なストーリーを描く重要性が説かれています。

 

僕が現在直面している飲み会についても、

・「忘年会」であること
・主催者の意向

などが制約条件になり得るので、
ここを深堀して準備に臨みたいと思います。

 

「企画」と聞くと
自分には縁が無い話だーと思ったそこのあなた!

誕生日プレゼントはどうしようか、
子供とどこに遊びに行こうか、
上司に気に入られるにはどうしようか、

 

こういったレベルの企画であれば、
これから一生必要になりますし、

事と状況次第では、
人生を大きく左右するスキルです。

 

仕事でも、どんな職種・どんな立場であれ
企画力というのは、絶対に必要になります。

周りが奇抜なアイデアを何一つ出せない状況で、

「お前、センスあるなー!」

と唸るような提案ができたら、美味しいですよね。

 

是非、これを機に、企画力を身に付けましょう!

今日は、BOSのコンテンツとは違いますが、
普段の活動を通じて、ひとつ思ったことを共有します。

 

僕は7月にこのBEC Online Schoolを購入するまで、
本せどり以外のことは一切やっていませんでした。

 

毎日起きて、メールを確認し、

・本を梱包発送し
・本を仕入れに行き、
・本を商品登録する
・飯を食って寝る

これをひたすら繰り返していました。

 

それが、BOSのコンテンツを学ばせて頂く中で、

・ブログを書き始め
・メルマガを書き始め
・アウトプットをする

色々な習慣を身に付けることができました。

 

セールスを実際に体験し、
読者の方から、教材を購入して頂けました。

 

ただ、自分の中で未だに
心の奥に引っかかっているのは、

 

・最終的に、どんなビジネスをしたいのか?
・何のためにブログを書いているのか?
・何のためにメルマガを書いているのか?
・何のためにセールスをしているのか?

 

これを、まだ100%考え抜くことが
できていないという点だと思います。

 

この通信講座では、ここまでのブログ記事で
書いてきた通り、本当にたくさんのことを学び、
自分の血肉にすることができます。

 

けど、それをどう生かすも殺すも自分次第です。

 

人から提案されたこと、人から言われたことを
何も考えずに自分が取り組む理由にしてしまうと、

苦しい時、それを辞める
言い訳にしてしまうことができます。

 

 

本を売るにしても、

 

・転売のエキスパートになりたいのか?

・古本屋の大きな会社を作りたいのか?

・金を稼ぐ通過点としての手段なのか?

 

それぞれ、やることは微妙に変わってきます。

 

 

「物販は月100万稼がないと、
情報発信をする意味は無い」

 

・その考えに、自分は納得しているのか?
納得していないのか?

・じゃあ何故、その上で情報発信をするのか?

・そこまでして何を伝えたいのか?

 

向き合わないまま情報発信を続けると、
自分がどんどん辛くなっていきます。

 

 

一番大事なことは、自分で決めることです。

 

 

人からどんなアドバイスを貰っても、
どんなに有難い提案があっても、

自分のやることは、自分で決める。

 

そして、一度やると決めたら
ごちゃごちゃ言わずにやる。

 

少なくとも、何か人に言われたり
大きな長いものに巻かれる形でやるよりも
後悔することは、無くなると思います。

 

今年も残り50日を切りました。

 

悔いのない、やりきったという思いで
2018年の年明けを迎えられるよう、

課題と向き合いつつ、一気に駆け抜けましょう!

—-
メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら
—-