先日受けたKOTOBAと戯れるセミナーの中盤、

「魅力的なメディアは、
 登場人物を魅力的に描いている」

という点を解説する場面がありました。

 

キングダムやワンピースの漫画しかり、
ドラマ陸王の原作者である池井戸潤さんや
ベストセラー作家の方々しかり、

そこに登場する人物は、
皆一様に、魅力的な表現で描かれています。

 

メルマガを毎日書いている人も、それは同じ。

 

送られてくるのは文字だけでも、

目を閉じると、自分の過去の体験やイメージと重なり

さまざまな情景が脳裏に浮かび上がってきます。

 

 

それと比較して、自分はどうなのか?

 

何故、そこまで多くの、

魅力的な人物像を掘り起こせていないのか?

 

その原因は、新しい挑戦が少なかったり、

中途半端になっているからです。

 

 

自分は普段、基本的に一人で仕事をしており、

特に何も新しいチャレンジをしない間は、

仕入れ先と自宅を往復するだけの毎日です。

 

俺の名は大木。

飯を食う、仕入れる、風呂に入って寝る。

ああ、今日もいい一日だった。

 

これでは、小説を出しても一冊も売れず、

ふざけんな、金返せやコラ、と

出版社にクレームの嵐が殺到します。

 

ですが、新しい挑戦を始める際には、

必ず、何かしらの困難が立ちはだかり、

新しい登場人物が現れてきます。

 

本を仕入れるにしても、

・業者に仕入れに行く
→業者の社員があらわれた!

・一般のお客さんに買取に行く
→神様のようなお客さんがあらわれた!

・仕入れツアーを開催する
→有望な新人があらわれた!

という様に、新しいことをやれば

必然的に新しい登場人物が現れます。

 

今ある外界とのつながりである

BEC3.5期との関わり方も、

 

人に魅せる、発信していくという前提で

考えていればもっともっと、今よりも

伝えられることはたくさんあると思う。

 

最近、小説を風呂で読んでいますが、

情熱的な人の文章を読んでいれば

血が通った文章になるし、

 

優しさに包まれるような文章を読めば

実際の性格よりも随分と優しい手触りの

文章を書けるようになる。

 

実際そうなるかはまだ未知数ですが

普段触れたものが自分を形作るというのは

間違いないと思います。

 

ブログやメルマガも、今後は今まで以上に

読む人に想像させるストーリーを意識して

言葉を選んでいきたいと思います!

—-
メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら
—-

こんにちは、大木です。

昨日は、浜松町駅を降り、
竹芝のホテルで開催された

「KOTOBAの歩き方セミナー」

に参加してきました。

 

主催者は、BEC Online Schoolの製作者でもある
三浦孝偉さん。

 

・文章力を上げるにはどうしたらいいのか?
・言語化能力を上げるにはどうしたらいいのか?
・文章力を上げる為の具体的なテクニック

 

アジェンダだけだと学んでいることの中身を
しっかり伝えられない、難しい内容のセミナーですが

 

一貫して伝えていたのは

「KOTOBA」
=文字や言葉を使った全ての活動の総称

このKOTOBAを磨くということ。

 

内容に全て触れることはできませんが、
最も大きな課題としてひとつ挙げられたのは、

「言語化能力を鍛える」

ということです。

 

その為に、ひとつのワークとして

「今日、セミナー会場に来るまでの間にあったことを
素敵な記事にしてください」

という課題が与えられ、

・情景を詳細に描写すること

・登場人物を魅力的に語ること

などのポイントが解説されました。

 

僕は普段から読む本が、論理的な文体や
ビジネス文章の、男性的なものばかりです。

情景描写なんて発想は何処へ、という感じ。

小説っぽい構成にしてみたものの、

恥ずかしくてとても載せたり
音読できたものではありません。

 

昨日は、とあるIT会社の社長さんが
2004年に書いた文庫本をたまたま読んでいましたが、

やはり、読み応えがある本は、ビジネス書といえど
小説寄りの文体になっているのを感じます。

 

これからはメルマガやブログでも、
村上春樹さんや著名な小説家の表現を参考にして、

・読者を楽しませる

・文章で描くその場面場面をイメージさせる

ということを、意識していきます。

 

これも数稽古なのかな。

久々に活字にガッツリ触れてみると、
本を読むのって、色々なことが学べて
楽しいものだという記憶が蘇ってきます。

学生時代も、社会人になってからも、
どん底の時期や苦しい時は、たくさんの本から
学んだ言葉の数々に、救われていました。

小説は日々腐る程ブックオフで仕入れていますが、
今後はもっと、読む前提で普段手に取らないものも
積極的に取っていきたいと思います。

 

こんにちは、大木です。

 

僕はメルマガも書いていますが、
一番気になっていることは、自分の書いた文章を
どれだけの人に、読んでもらえているかという事。

 

今朝届いたBOSのコンテンツは、
「長い文章は読まれない?」と題した、

・メルマガを読んでもらうには何が必要か?
・長い文章を書くのは、良いことなのか否か?

といったお話をまとめた、音声コンテンツです。

 

コンテンツ内ではメルマガに言及されていますが、
これは、ブログにも派生する話だと思います。

 

どんなに長文の記事を書いたとしても、
読まれなければ意味がありません。

 

その為に心掛けることは何か?

 

コンテンツ内で解説されていた

「自分のコンテンツが〇〇されている事を理解する」
「長い文章になるほど〇〇と〇〇が上がる」

ということに補足して、
ブログはメルマガに比べて、
来訪者の情報を管理しやすい性質があります。

 

一番の違いは、アクセス解析が使えることです。

 

メルマガは、読者を集める入口が複数になると
カオスな状態になりますが、ブログの場合、
何の検索キーワードで来たのかが分かります。

 

すると、実際に来たお客さんが
何を欲しがっているのか、どんな情報なら
ずっと読んでくれるのか、予想が立てやすい。

 

同じメルマガの読者さんを集める目的でも、
最初からある程度、狙うキーワードによって
お客さんを選別できるので、効率がよくなります。

 

…と言いつつ、実はこのブログ、
これまでずっと、アクセス解析を付けていません。

この後すぐに、設置をしたいと思います。

 

長文の良し悪しについては、
結局のところ、読み応えがあるかどうかなので、
経験や引き出しの差が出てくるところ。

 

 

ですが、情報発信やコピーライティングの勉強など
したことが無い、メルマガを始めたばかりの人でも、
ものすごく刺さってくる文章を書く人がいます。

 

そういう人達は、独身の男性であれ、
子供を持つ主婦の方であれ、魂が籠っている。

 

気持ちは文章に宿ると言いますが、
読んでいて、こちらの気持ちも高ぶってきます。

 

心が叫びたがっているんだ。

そんな裏のメッセージが聞こえてくる。

 

人の時間を30秒でも数分でも頂くからには、
それ相応のものを発信しなければいけない。

 

長い文章に負けない、心と技術の両方を
手に入れられるよう、日々精進していきます!

 

こんにちは、大木です。

 

今朝届いたBOSのコンテンツは
「100人の敵よりも1人のファン」
という音声でした。

 

内容を要約すると、

「百人の敵を作って、
 一人のファンを作ろう」

ということ。

 

僕も二ヶ月ほどメルマガを運営していますが、
一番課題だと思っているのが、

「そもそも、読まれているかどうか」

という点です。

 

というのも、この二ヶ月で、
2件しか、解除をしてもらった読者の方がいません。

 

拒絶されていないと喜ぶべきかもしれませんが、
悪く言えば、自分が本当に大切にしたい人に対して
刺さる部分のある発信になっていないということ。

 

解除されることが前提の発信というのも
おかしいですが、嫌われることを恐れず、
もっと自己主張をしていかなければいけない。

 

「お前は何を主張したいんだ?」

 

会社を辞めると、こういう問いを
日頃から立ててくれる人はいません。

 

だから、自分の頭で考え抜くしかない。

 

そして、日々自分の頭の中身は変わっていきます。

 

会社にいる頃、実家や寮で暮らしていた頃は
常に誰かしら、相談する相手や、
アウトプットをする矛先がありました。

 

これからは、自分の心の中、
そしてブログやメルマガが、それに代わる
アウトプットの場になります。

 

一部の人が「うざい!」と思って
解除ボタンを思わず押してしまうくらい、
ベクトルと勢いのある発信ができるよう、

日々、文章力を磨いていきたいと思います。

 

今月、BOS主催者の三浦さんによる
言葉(KOTOBA)の力に関するセミナーが開催されます。

今晩受け取った面白い文書の定義、

 

・全く知らないことに興味を持たせる力
・相手に行動を起こさせることができる力

 

これを聞いた時、自分が瞬時に思い出したのは、
8年間携わってきた、囲碁の普及活動です。

 

20代30代への囲碁普及。

 

どう考えても一般的には興味を持たれない。

実際に、ビジネス関係者の間で話題に挙げても、
想像をはるかに超えて、興味を持たれない。汗

 

でも先輩方のやってきた取り組みのおかげで、
テレビやラジオ・雑誌などへの露出をしたり
六本木ヒルズでイベントを開催することができた。

 

その団体名やイベント名を考えてくれたのは、
当時広告代理店にいた、コピーライターの方です。

 

11年目に突入した団体の土台も、
元を辿れば、そこの力が非常に大きかったと思います。

 

今後、僕らは年を重ねるごとに、
新しく興味を持つことも増えていくでしょう。

 

その度に、自分が学んだことを伝えたり、
面白くてたまらない世界に、
周りの人間を巻き込みたい。

 

そんな人にとって、文章力というのは
とても強力な武器になると思います。

 

昨日、中古本の販売で業界一位になる秘策を考え、
バリューブックスを超える!と思って色々調べる中で
書評ブログのブログランキングに辿り付きましたが

 

マジでびっくりするくらい、文章がつまらない。

 

まさか、献本貰っていてこの程度なのか・・・。

3.5期メンバーのチャット投稿の方が10倍面白いです。

 

僕も自分が文章が上手いなんてのは
口が裂けても言えませんが、
この界隈のブロガーさんなら絶対に負けない。

 

多分、ガチでコピーライティングを学んだ人は、
それだけで本当に貴重な存在になれると思います。

 

ただ、どんなに立派なことを書いても、
コピーライティングスキルを知っても、
土台になるのは、数稽古です。

 

書いて、書いて、書きまくれ!!!

 

思いの丈をぶちまけて、人の身体と心を動かし、
稼ぐ・繋がる・成長するを実感したいと思います。

—-
メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら
—-