ビットコインが去年あたりから話題になっており、
先日も、大幅に値段が下落した事がニュースに
取り上げられるくらいです。
https://www.excite.co.jp/News/smadan/E1512113425512/

 

BEC3.5期のチャットにも、話題が挙げられ、
アウトプットを通じて色々な意見が飛び交いました。

僕は仮想通過自体にそこまで詳しくはありませんが、
元々は、お金の流通を良くするために生まれた技術、
という話を聞いています。

 

現在は、海外に送金するにしても
100万円単位になると営業所で手続きが必要だったり

「何の目的で海外送金するんですか?」

と支店の担当者から確認されたりします。

 

ですが、ビットコインであれば、
そういう手間も手続きもいらないらしいです。
(実際にやったことないから分からないけど)

 

最近だとスーパーでもPOSレジという会計だけを
別のテーブルで行うところが増えてきましたが、
これだけでかなり、待ち時間が改善されるんですよね。

 

ビットコインも、今は上がったり下がったりと
投資目的で関与している人が目立ちますが、

本来の利便性に皆が注目する日が
そのうち何らかの形で、やってくると思います。

 

既にビックカメラも、ビットコインが
決済の手段になっていますからね!

 

さて、コミュニティ内で自分が書いた内容を
ここでもシェアしておきたいと思います。

 

2000年過ぎに起きたネットバブルの事例と同じ空気感を感じます。

 

当時も、ネット企業に投資すれば儲かると群がった投資家が
値下がりと同時に一気に手を引き、
ソフトバンクの株なんかも100分の1まで値段が下がりました。

 

その年の株主総会は非難の嵐。
でも孫さんはそういう状況でも撤退せず、
当時からインターネットの可能性を信じて
その業界の仕事にこだわり続けた結果、今の成長がある。

 

ビットコインも、元々は金の流通を円滑にする為の技術で、
儲けるためのツールとして開発された訳ではなく、
周りが勝手に儲かる損すると騒いで売買を繰り返しているだけなので、

 

最終的に一番得をするのは
信念を持って運用し続けた人になると思います。

 

損切りするものと、
信念を持ち続けるものを見極めるのは難しいですが、
自分がこれだと信じたものは、ビジネスであれ友人や仲間であれ、
コロコロ方針を変えずに、ブレない部分を大事にしていきます。

 

 

最近は、仮想通過を買う側だけでなく、
アフィリエイトをして紹介する側の姿勢も気になります。

 

どう考えても、仮想通過の意義に賛同するからではなく、
儲かるから紹介しているだけの人が多すぎる。

 

そこに美学はあるんでしょうか?

 

ビットコインに代わる何かが現れたら、
何食わぬ顔で

「今度は〇〇の時代です!!!」

みたいなことを言うのでしょうか。

 

自分の信念を失った人にだけは、絶対になりたくない。

 

自分も人に何かを勧めたり紹介する立場である以上、
他人事だと思わずに、気を付けていきたいと思います。

 
—-
メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら
—-

こんにちは、大木です。

 

物販ビジネスをやっていると、よく話題に挙がる利益率。

個人事業としてやっている内は、
高ければ高いに越したことはない人も多いはず。

 

しかし、これがビジネスとして別の形になると、
一概に高ければいいというものではなくなります。

 

例えば、会社で挙げた売上の内、
給料で5%しか反映しないなど、還元をケチると、
会社の利益率は上がります。

逆に、給料に多く還元すればするほど
利益率は下がりますが、社員や家族の懐は潤います。

 

せどりで利益率が高いということも、

裏を返せば、安く仕入れられた仕入元や、
高い値段で買ったお客さんにお金を渡すよりも
自分がお金を頂くことを重視している裏返しです。

正当な対価、物の価値やサービスを
しっかりと提供しているかどうかは、
常に意識しておかなければいけない。

 

今回、そんなことを考えるに至ったのは、
コミュニティ内でシェアされた、
ラッシュという海外の会社の紹介記事でした。

http://president.jp/articles/-/23697?display=b

 

コミュニティ内で行ったアウトプットを引用します。

BOSに来る前、通っている碁会所に、
年商が億単位の、絵画を転売する
商人の方が毎日通ってきてましたが

 

「大木君、利益率は下げてでも売上を上げないと駄目だよ。
自分ばかり金を得ようとする人間は、商売人として失格だ」

という言葉が、この企業の話と重なります。

 

個人事業が主体の中だと、
利益率100%以上とか40-50%とか
当たり前のように耳にしますが、

逆に、沢山稼いだら、値段に反映したり
社会貢献や取引先・顧客の利益にお金を使うようにして、
「利益と社会貢献の両立」を考えないといけない。

 

むしろ、そのスタンスを貫いた方が、
利益は減っても、10年しか続かないビジネスが
30年続いたりする可能性があります。

 

ペットボトルが土に還る材料を使っているという点も、
自分がせどりをするだけでも日々大量のゴミが出ているのは
地球に優しくないなと日々感じている事からすごく共感できるし、
似たようなことは皆それぞれ考えているはず。

 

最近は、ラベルを剥がして不要になった紙や印刷に失敗した紙、
空き段ボールの量が馬鹿にならないので、

 

それらを破ったり丸めて梱包材に回したりなど、
小さなところから取り組んでいます。

(ごみ容量削減の為に
シュレッダーが売れる理由が、よく分かります)

 

価格の面でも、取り組みの面でも、
人々の支持を集めながら、利益と社会貢献の両立を
小さな規模から考えていきます。

僕は物販をやる上で、
月商を競い合うこと自体に意味は無いと思っています。

結局、いくら稼いだかどうかが全てなので。

 

ただ、それはあくまでも
自分ひとりの範囲で考えた場合の話。

 

売上が上がり、よりたくさんのお金が回れば、

・手数料がAmazonに多く入り、サービスの質が上がる

・配送会社の仕事と売上が増え、雇用が創出される

・仕入れ元の店や会社の売上が増え、経営が安定する

・新たに人を雇って、仕事を与え、給料を支払える

・自治体に税金を多く払える

 

そうやって、幸せになる人の数が、確実に増えます。

 

そう考えると、
利益率100%で30万稼いでいる人と、
利益率10%で毎月300万円を
全力で回転させている人では、

どう考えても、後者の方が多くの人を幸せにしており、
世の中に対して影響を与えていると思うんです。

 

事実、上場しているIT系以外の大きな会社は、
軒並み、利益率をかなり抑えて商売をしています。

 

ただ、薄利でキャッシュフローが厳しくなり、
経営が続けられないようでは本末転倒。

今度は、規模が大きくなればなるほど、
多くの人に迷惑をかけることになります。

 

ここは、自分の欲を優先するのか、
他の何かを優先するのかという、
自分のスタンスや美学の問題だと思います。

 

個人的には、自分や周りの人、家族を幸せにできない限り、
社会とか世界の事を考えた所で、ただの絵空事だと思うので、
今はひたすら、自分の売上や利益の事だけを考えていきます。

—-
メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら
—-

こんにちは、大木です。

昨日、記事中で話した

「何故を五回繰り返す」

という話に関して、コミュニティ内でアウトプットが繰り返され、

 

「何故、自分は稼げないのか/稼ぎが爆発しないのか」

というテーマに関して、十人十色の深堀りがされていました。

 

自分も、実際、何で思った通りにいかないことがあるんだろうと

自分に問いを立ててみた結果、原因が自分が想像していたところとは

全然違うところにあるんじゃないかという仮説が立ちました。

 

昨日の記事も踏まえて思うことは、

「日々の活動に落とし込む」という点が

とても重要であるということです。

 

確かに、言葉の定義を自分で持つことも大事だし、

いろいろなことについて、思考を巡らせる量が

その人の器を少しずつ、広げていくものだとは思います。

 

でも結局、自分の実際にやっていること、

今の目の前の現実から目を反らしていると、

段々とスピリチュアルな方向の話になってしまいます。

 

目の前の現実と、それ以外のもの、

両方ともバランスよく考えていきたいですね。

 

今日はメルマガに時間をかけすぎてしまったので

短いですが、これで失礼します。

 

メルマガの方も熱量高いので、

もしご興味のある方は、是非そちらにも

登録してもらえると嬉しいです。

 

ではでは!!

—-
メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら
—-

こんにちは、大木です!

今日は名古屋の勉強会につき、
朝から名古屋市内を徘徊していました。

駅前はスタバも百貨店も人が多く、
目当ての飲食店は行列が長すぎて断念したので
またリベンジで今度こそ観光に来たいと思います!

 

ちなみに、勉強会というのは、7月から参加しており、
このブログのタイトルにも引用している、
Bec Online School の、井上直哉さんからの購入特典である、
BEC3.5期のコミュニティの勉強会です。

 

実は先月、この3.5期の8月の準MVPに選出して頂きました!
選出して頂いた直哉さん、
活動を支えてくれたコミュニティの皆さん、
本当に、いつもありがとうございます。

選出理由の背景は、
月収を先月までに比べて伸びた成長率、
実際に約束したことを実行したことへの
信頼に対するというものでした。

 

とても嬉しかった一方で、
この一ヶ月で学んだことがひとつ。
それは「毎日継続すること」の大切さです。

この一ヶ月は自分にとっても
大きな山場になると思い、特に月末の二日間は、
時間的にも精神的にもかなり負荷をかけた影響で、
9月に入ってから最初の一日は完全にダウンしていました。

 

しかし、8月が終わったからといって、
翌月の稼働日が無くなるわけではありません。

9月3日からは、ブログとメルマガの発行があります。

立ち上げの準備を行い、物販との両立生活が
軌道に乗るまでは仕入れ量の継続にかなり苦労しました。

 

その時感じたのは、一週間や一ヶ月、
もしくは月末など期間限定で頑張るのではなく、

もっと長いスパンで、毎日一定の仕事量や
アウトプットを継続していくことの方が、
大事なことであるということです。

一日ルーティンを落としてしまうことが
どれだけその後の作業に影響してしまうかも
実際に体感してよく分かりました。

 

今年も残り3カ月ですが、このブログを含めて、
毎日の継続をしっかり続けられるよう、頑張ります!

 

 

—-
メールマガジンを配信しています。無料登録は⇒こちら
—-

自分が所属しているBEC3.5期では、
毎月の月末にその一か月の月報を提出し、
それを主催者の井上さんに添削してもらい、
翌月以降の活動のアドバイスを頂く、
というサービスがあります。

 

報告できることが無かったり、相談することが無ければ
当然、何もアドバイスをしてもらうことができませんので、

・売上を日々確認し、目標を達成するために手を尽くす

という生活になります。

 

物販をやっている人は分かると思いますが、
これ、分かっていてもやってない人多いと思うんですよ。

「今月は〇〇万円くらいかな~」

なんてスタンスでも誰にも怒られないのが個人事業主です。

 

月収の概念や弾く経費も一人一人みんなバラバラだし、
前の月からの在庫も計上したり、月末に仕入れを抑えたりと
数字をいくらでも操作できるので、自分の中で
確固たる基準と約束をとりあえず決めてやらないと、
数字自体を出すこと自体もしんどいのが、物販です。

 

でも、一般企業の飲み屋やアパレル店舗では、
一日の営業が終了したらその日の売り上げや利益を集計し、
明日以降の作戦を練るのは当たり前です。

 

その当たり前の感覚をインストールさせてもらえたのが
自分としては、一番先月良かったことだと思います。

 

そして、自分だけではなく、自分以外のメンバーの
ディレクション内容を聞けるのも非常に勉強になります。

以下は、今朝送られてきた音声に対する
自分のアウトプットです。

 

直哉さん、月報ディレクションの共有、ありがとうございます。

 

>Tさんの話
月報は会社の仕事で言えば、自分の仕事の内容を
必要な情報を伝えることで正当に評価してもらったり、
逆に、何をすれば成果に繋がるか相談する貴重な場だと思うので、
「何も相談することが無い」って状況を作らないのは、
自分のためでもあれば、相手に対する誠意だとも思います。

行動することや結果を出すことはもちろん大事ですが、
それを適切に言葉で伝えることを、
自分もより意識していきたいです。

 

>Kくんの話
自分も時間の使い方が出来ているかどうかというと疑問です。
今週は朝に発信系タスクを片付けてから仕入れに向かうので、
移動中のインプットをもっと習慣化したり、時間の棚卸を
自分も一度、やってみたいと思います。

 

>Nさんの話
Nさんがプレッシャーを感じている原因として
「ステージが上がったから」という話をしていましたが、
僕としては、指導者の立場を経験することで
「責任感」が増えたことも一因なのではないかなと想像します。

自分の立場は、直哉さんやNさんの思惑や生活を想像すると
まだまだ楽だと思います。プロ野球のチームでも、ただの選手と
キャプテン・選手会長では仕事の負担がまるで違うので、
選手に専念できる内に十分に伸びていかないと、
何かを任されるためのキャパシティが永久にたまりません。

なので、自分の役割は、
目の前のことを全力でやりきることだと思います。

 

上記の通り、

・報連相の習慣をつけること
・時間の管理を徹底的にやること
・自分の目の前のことをやりきること

を自分も意識していきます!