こんにちは、大木です。

今日は渋谷にて、クローズドで開催された
セールスに関する講義セミナーに参加してきました。

 

・メルマガは、商品を売る為に書くもの
・情報発信以外で人生は変わらない
・初心者のセールスにとって最重要なのは〇〇

 

など、商品を売る上で重要なことが次々と語られる中、
僕が一番印象に残ったのは、セールスをする多くの人が
意外と出来ていないこと。

 

それは、

「商品の魅力を正しく説明すること」

 

…そんなの、当たり前だって思いますよね?

 

ただ、自分の前回のセールスを振り返っても、
果たして商品の持つ強みや、どんな効能があるかを
100%伝えることができていたかというと?

多分、もっともっと、掘れた部分はあったと思う。

 

特に、現在受講しているBOS(BEC Online School)は
売りとなる部分、強みとなる部分がたくさんあります。

 

だからこそ、その場の感情任せの説明ではなく、
販売の一週間前や十日前から、その商品の魅力に繋がる話を
例える対象や話題を変えて、色々な面から掘らないといけない。

そうでなければ、お客さんとしても心配してしまいます。

 

また、セールス期間が始まると、
次から次へと新しい話題や告知が発生するので、
悠長に魅力の説明をしている暇はどんどん無くなります。

 

「セールスは事前準備で八割が決まる」

みたいな話を以前の飲み会で耳にしましたが、
あながち、間違ってはいないと思います。

 

今後、この講座を学んだ人も、
セールスをするかしないかという場面になったら、
自分には厳しいと感じてでも、是非挑戦してください。

BOSを購入してセールスに一度も参加しないのは、
参加費の半分くらいを損していると言っても過言では無いので。

 

一か月後には、このブログ上でも
何らかの案内をさせてもらうことになると思います。

より詳しい話やリアルタイムの話題が気になる方は、
メルマガにも是非登録をお願いします!

 

—-
メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら
—-

こんにちは!大木です。

 

僕は普段転売をしていますが、
新品や中古家電に本格的に復帰するにあたり、
一年ぶりに、茨城方面まで遠征してきました。

 

その結果、とても強く感じたのは、
転売というのは、

「商圏の影響が、めちゃめちゃデカい!!」

ということです。

 

 

例えば、神奈川から茨城の水戸まで車で移動すると、
ガソリン代だけでなく、高速代が4000円以上かかります。

ホテル代や外食代も含めれば、
往復で1万円2万円は余裕で消える。

 

そうなると当然、普段よりも過激に仕入れをして、
大きな利益を持ち帰らないといけません。

 

すると当然、日帰りの仕入れは現実的ではなく、
2泊3日や3泊4日の仕入れになります。

 

もうこの時点で、奥さんや子供がいる方や、
土日が祝日のサラリーマンの方については、

・家族の理解を得る
・休日を全部返上する

など、それなりの覚悟が無いと、仕入れに来ません。

 

それ以前に、金銭的な問題だったり
車を持っていなかったりで、
遠征自体ができない人もいるでしょう。

 

あと、最近すごく感じるのは、
昼間の首都高は、常に渋滞をしているということ。

 

朝の出発が遅れると、確実に仕事の半日が潰れます。

 

昔コンサルを受けていた頃、遠征時は
朝2時や朝4時に集合がかかる意味が、やっと分かりました。

 

 

キングダムで言えば、北の民族の侵入を防衛する
万里の長城みたいな役割を、首都高が成しているのです。

 

実際、水戸に行って、地元のリサイクルショップから
仕入れをした際も、利益率が70%とか80%するプリンタが

「いやー、君みたいな人がいないから、
 この商品、店の表に出しておいたのに、
 半年以上も売れなかったよ」

ということがありました。

 

要は、転売実践者が世の中に溢れかえっているはずの今、
半年以上、誰も同業者が来てない店が、普通にあるということ。

 

これが仮に、メルマガのアフィリエイトだったり
Youtubeだったりすると、商圏が無い代わりに、
日本中のすべての人が敵になります。

 

万里の長城は全部、自分で作らなければいけない。

金は要らないけど、時間がかかる、センスがいる。

 

そして何より、時給10円時代を耐える
鋼のメンタルとモチベーションが必要になります。

 

だったら、最初はリアルに世の中に存在する

「商圏」

という万里の長城を使い、敵の8割9割が
最初からいない状態でスタートした方がいいと思いませんか?

 

要は、国内転売を最初にやろうってことです。

 

小さな成果でも最速で出すことを優先するなら、
そっちの方が絶対に楽ですから。

 

 

さて、メルマガの方では告知をさせて頂きましたが、

「インターネットビジネスの歩き方」

私も早速販売をさせて頂いております。

【教材販売ページ】
→ https://www.infotop.jp/click.php?aid=7060&iid=72772&pfg=1

【大木購入特典:BOOK OFFの歩き方】
→ http://ikizama-design.com/pdf/tokuten2.pdf

 

更に、販売開始から3日間限定、
10日間の先行販売限定の特典も用意しています。

→ https://goo.gl/wRXK9m

 

内容は、ネットの内外で、万里の長城を作るにふさわしい、
4つの厳選されたビジネスが、解説されています。

 

ここではまず特に、僕からの個別購入特典である、

「BOOKOFFの歩き方」を強く推させて頂きたいと思います。

 

特典1 本せどり概要のPDFファイル&映像集

現在、僕がやっている、本せどりの手法で、
教材内で紹介される転売ビジネスをより加速させる
ノウハウの概論集を、数回に分けてプレゼントします。

 

特典2 仕入れるか/仕入れないかの判断実例集

この特典では、実際に仕入れようか
悩んだ商品の事例を紹介させてもらいます。

仕入れるか、仕入れないかの判断に役立ててください!

 

特典3 儲かる本を効率的に見つける具体的な方法

ここでは、儲かる本を効率的に見つける方法を、
本の種類別に解説します。

決して感覚でなく、機械的に誰にでも判断できる方法で、
慣れてくると、より柔軟に判断ができるようになります。

 

特典4 商品の取れる店と取れない店の判別方法

ブックオフは値付けがお店に任されている部分が大きく、
明らかに本が仕入れやすい店と、
仕入れが難しい店に分かれます。

それを解説し、より効率よく本が取れる手法を教えます!

 

特典5 利益を挙げる為に必要な、送料削減方法

ブックオフで本を売る場合、
送料をいかに削減するかが、そのまま利益に直結します。

ここでは、本の利益を確保するための、
送料削減方法について解説します。

 

特典6 購入者限定の情報シェア

教材の本体で紹介されている転売方法ですが、
今後、自分も実践していきますので、

・実際に売れた商品
・狙う仕入れ会場の情報、狙う具体的な商品情報
・会場を実際に訪れる際の注意点

など、どんどんシェアしていきたいと思います。

 

特典7 個別サポート(~2017/12/31迄)

本せどり、教材内容の実践に関して、
個別の質問を購入から年末の12/31まで、
メールかLINEで受け付けます。

 

また、特典や教材の内容に関して、
何かご不明な点や質問がある場合は、
いつでもご連絡ください。

 

このブログへのコメント、
メルマガへの登録後の返信、
LINEで@aotake123へのメッセージ

 

どれでも大丈夫です。
早めに返信するよう努めます。

 

よろしくお願いします!

 

特典付きの、教材購入先リンク
https://www.infotop.jp/click.php?aid=7060&iid=72772&pfg=1

日刊メールマガジン登録先リンク
http://aotake01.com/form_if.cgi?type=5&id=daily

 

こんにちは、大木です。

BEC Online Schoolに参加している方、
その発信者の情報に触れている方は、
この記事が投稿されている頃、祭り状態です。

 

何の祭りかというと?

主催者の三浦孝偉さんプロデュースの元、
BEC Online Schoolのメンバーの中から
4人の講師が合作で作った教材、

「インターネットビジネスの歩き方」

の一般販売開始に伴う、
一斉セールスが開始されたというお祭りです。

 

僕もこれまで、たくさんの教材を購入してきましたが、
自分が売る側に回るのは初めてでした。

販売初日を迎える時点で、

「教材を販売する側だと、こんなにも違うのか」

というほど、本当に色々な壁にぶつかり、
多くのことを経験させてもらっています。


1.教材製作者と関係を作らないと、販売の土俵に立てない

具体的には、例えば、販売する側の場合、
そもそも、教材を作って販売している人達と
人間関係を作るのが、絶対に必要になります。

そうでないと、いざ新しい教材が世の中にリリースされても
その情報に全く触れることができないので、特典を考えたり、
伏線を10日前や1ヶ月前から考えることなんて、出来ません。

 

なので、販売を生業とするなら、人間関係を作り、
時にはお金を払って教材やコミュニティに投資してでも、
販売の土俵に立つことが、何よりも大事だと思います。


2.コンテンツ製作能力がそのまま、準備力に直結する

情報発信能力や、日頃の信頼の積み重ねも大事ですが、
セールスは、言い換えれば、魅力的な特典の販売合戦です。

無料レポートだろうが、普段の音声配信、動画配信だろうが、
魅力的なコンテンツを短時間で、より多く作る能力を磨かないと、
特典をいざという時に、ダダダっと素早く用意できない。

 

とは言っても、一体自分に作れるのかと不安に駆られながら
実際に作ってみると、どのくらいで何が作れるかは予測が立つし、
しっかり時間を確保すれば、PDFも動画も、相応のものが出来る。

コンテンツ作りは、セールスの時だけではなく、
とにかく普段から作りまくることで、
製作スピードも品質も挙げて、準備しておくものだと
今回の件で、痛感させられました。

 

自分や他の人の様子を見ていても、
販売開始までの準備の時点で、勝敗の2-3割は占めている
と言っても、過言では無いような気がします。

 

そうは言っても、まだ、販売初日です。

野球で言えば、まだ初回が始まったばかり。
ここから先行販売終了まで、やれることはまだまだあります。

コンテンツも作りまくって、挽回しますぞー!!

こんにちは、大木です。

 

今回BOSから届いたコンテンツは、
「未知の世界へ 一流のプレゼンに触れてみよう」

 

内容は、三浦さんが博報堂時代に行った、
ある渾身のプレゼンの解説動画です。

 

プレゼンというと、最近ではスティーブ・ジョブズが有名であり、
いくつかある著書の中でも、何が具体的に良いのかという
技術的なコンテンツがほとんどだった気がします。

 

今回も、視聴前はそういった話なのかと思いきや、
実際のコンテンツの内容の肝の部分は、

「何故、こういった内容のプレゼンをしたのか」

という、”思想”の部分だったのです。

 

実際のところ、どんなにテクニックを駆使したプレゼンでも、
肝心の話の内容が相手に刺さらなければ、意味がありません。

 

プレゼンは、あくまでも課題解決法のひとつであり、
相手のニーズとこちらの要望を擦り合わせるという意味では
取引先への営業や商談、社内への営業や根回しと同じです。

 

サラリーマンと起業家の違いをあえて挙げるのなら、
それを個人でやるのか、団体や集団の中でやるのかの違い。

 

 

僕は団体戦特有の空気が耐えられず離れてしまった人間ですが、
大きなことを成す人は、例え個人事業主や起業家でも

「どれだけ多くの人の心を動かし」
「どれだけ多くの人を満足させられたか」

その総和で、仕事のスケールが決まります。

 

あくまでも、仕事上で関わる人を選べるようになっただけで、
目の前の人と向き合うことから逃げてはいけない。

 

プレゼンの技術よりもむしろ、
そういった基本的な心構えを教えてくれるコンテンツでした。

 

製品担当者の元々の慣習に染まった取引相手との交渉は、
きっと三浦さんも、納得いかないことは多々あったはずです。

その気持ちを押し殺し、一歩引いて、
双方が幸せになる提案をする。

これこそが、最高のプレゼンだと思いました。

 

 

新卒で同期だった人達は、もうすぐ社会人10年目や11年目です。

 

やっていることの規模やステージは違いますが、
また会う機会があった時に、人との向き合い方について
胸を張れるよう、初心に戻って頑張りたいと思います。

—-

メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら

—-

こんばんは!大木です。

ブログやメルマガなど、
情報発信すべてに言えることですが、
その時の精神状態がモロに出ます。

 

例えば、今日は内勤で事務作業オンリーだったのですが、
家の中にずっとこもっていると、特に大きな理由が無くても
何だか、建物自体にエネルギーを吸われている気がします。

 

更に、今日から日刊メルマガの読者さんが一気に増えることから、
普段よりもずっと緊張してしまい、先ほど何とか書き上げたものの、
文章にその緊張や今のテンション、空気感が乗ってしまいました。

 

 

これは、セールスにも同じことが言えます。

 

昔、テレアポの仕事をしていたことがありますが、
当時も、楽しくない気分でセールスをかけると
それは、電話口の相手にも必ず伝わっていました。

 

体調管理以上に、心の管理が重要な仕事だったと思います。

 

今回触れたコンテンツは、そのセールスに関連した、

「第一回 コンテンツモンスターセミナー」

と題した、セールスに関するセミナーでした。

 

 

内容は、

・セールスの概論
・特典コンテンツの制作に関するイロハ
・何でも売れるセールスマンになるには
・不感症の人達を動かす方法

を中心に展開されましたが、
自分が一番刺さったのは、冒頭の

 

「素敵なセールスを楽しもう」

 

という部分です。

 

このコンテンツは既に何度か視聴しているのですが、
近い将来、セールスを実際にやるという前提で見ると

「セールスを受けたい」
「セールスの生原稿を、ひとつでも多く見たい」

という衝動に駆られるようになりました。

 

昔は、セールス、特に高額の商品を提案される際は
その度に「絶対に買わないぞ」「見定めてやる」と
身構えていた記憶があります。

 

しかし、実際にセールスをやることを考えると、
不安な点がたくさんあります。

 

・そもそも、狙った数の成約を取るにあたって、
 どのくらいの成約率を想定して
 メルマガ読者を集めていかなければいけないのか?
 (これはやることに直結するので、直接相談しました)

・売るものの価格設定はどのくらいにするべきか?

・売るまでのシナリオはどう設計するのか?

・売るまでの伏線はどのくらい前から張っておくべきか?

・具体的に、みんな何を特典に付けているのか?

 

これら全部、情報発信者のステップメールや
リアルタイムのメルマガ原稿に、全て公開されています。

 

そう思って以来、今まで毛嫌いしていた
稼ぐ系や物販系のメルマガ、大御所と呼ばれる方のメルマガを
片っ端から登録し、メールを受け取って読むようになりました。

 

そして何より、BEC3.5期の、情報発信仲間が大量にいる環境、
管理者の直哉さんの直接指導。

 

これが、本当に大きいと、
最近、改めて感じています。

 

情報発信の鉄則、やってはいけないことを
誰よりも理解している人がバックについていると、
余計な回り道をせず、一直線で成長していくことができます。

 

特に、初めてブログやメルマガを始める時。

初めてセールスをする時。

 

まだセールスの方は未経験ですが、
その時のことを今から考えても、本当に心強く感じています。

この環境無しに、正しいことをできる自信は、残念ながら、ありません。

 

それは、決して精神的な問題だけではなく、
実際に大きな回り道を防いでいけるので、
情報発信こそ、指導者は絶対に必要だと思います。

 

 

そんなこの環境も、残り三カ月です。
いつまでも用意されているわけではありません。

期間が終わるまでに、可能な限り前に進んで、
少しでも多くのことを吸収していきたいと思います。

 

 

—-

メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら

—-