こんにちは、BEC3.5期の大木です。

今朝は、珍しくブログの記事形式で
「売り込み」「提案」「押し売り」の違い
http://koi-comm.com/lj1d

というコンテンツが届きました。

 

特に印象に残ったのは

売らないこと・遠慮して販売することの罪

という視点です。

 

僕はこの業界を知った当初、
俗に言うノウハウコレクターだったのですが、
ある時期から、商材を全く買わなくなります。

 

そして一転、セールスに対して
かなり警戒をするようになりました。

 

 

それでも人間というのは不思議なもので、
常に以前とは違った課題や悩みを抱え、
それに応じた何かが欲しくなります。

 

「脳内が稼ぐことばかりで
 お花畑な人達に混ざるのは嫌だ!
 もっと素敵な仲間と一緒にいたい」

→「心の底から対話できる仲間を得よう!」

→「おお、いいね!」

→半年30万円のコミュニティに参加

 

「仲間同士で繋がることに安堵して
 稼いで結果を出せていないのはダサすぎる!
 稼ぐことにこだわりたい!」

→「徹底的に稼ぐことだけにこだわった
 塾を運営するけど、どう?」

→「おお、いいね!」

→半年35万円のコミュニティに参加

 

「稼げてるはずなんだけど、何故か資金が回らない」

→「本せどりやりませんか?」

→「おお、いいね!」

→本せどり開始
(金を介してはいないけど、
提示されたら間違いなく払ってた)

 

「生活自体は回っているけど、
 このままじゃジリ貧だ。突き抜けたい」

→「それは、ビジネス偏差値が低いからだ!
  それを上げると、物販の売上も上がるよ」

→「おお、なるほど!」

→BOS購入

 

この道中、衝動買いは
一切していない自負があるのですが、
それでもこれだけの決断を迫られて、
相当な金を突っ込んでいる体験からも、

 

人は常に何かを求めて悩んでいる

 

ということを、自分の体験を振り返って感じました。

 

 

多分、死ぬまでの間に、もっとこれからも
色々な悩みを新たに抱えていくのだと思います。

 

 

売る側の視点として大事なポイントは、

今要らないと思っている人にも、
その人に必要なタイミングがある

ということです。

 

僕も、もしこのBEC Online Schoolの提案が
3年前や5年前だったら、絶対に買っていません。

 

 

これに関連して、昔お世話になっていた
ナンパ師の師匠が言っていた言葉を思い出します。、

 

人生で一番大切なものって何だと思う?
俺は時間だと思うんだよ、時間。

 

例えば、金は稼ごうと思えば
努力次第で稼げるけど、時間ってのは、
二度と取り返しがつかないでしょ。

 

 

例えば、俺はもう今年で44になるから、
お前よりも、もう20年くらい
長く生きているわけ。

 

いざ恋愛を1年休んで、
また改めて頑張ろうと思ったら、
今まで一生懸命やってた時代と
同じ状態に戻るまでに、
2年かかると思った方がいいよ。

 

 

俺くらいの年になると、
若い時にしかできなかったと
思えることって、たくさん現れてくるんだ。

 

第一、恋愛ってのは
お前のタイミングだけじゃなくて、
相手がいて、タイミングが合って、
初めて成り立つんだからさ。

 

だから、お前の都合だけで
「休む」「必要無い」っていうのは、
悪く言うと、自分勝手だと思うんだよね。

 

 

恋愛ってのは、仕事と同じくらい、
情熱を注がなきゃいけないものだと
俺は思うんだよ。

 

人生ってのは、
お前一人のものじゃなくて、
お前と一緒にいる人の幸せも
含めてのものなんだからさ。

 

 

もしかしたら、
今頑張れば出逢えるはずだった人に、
これからしばらく何もしなかったら、

 

その人とは
もう一生出逢うことは無いかもしれない。

 

いい恋愛をすれば、
それが仕事への活力にも繋がって
結果的に仕事も恋愛も充実するかもしれない。

 

 

仮に、デカい事業を立ち上げるとか、
人を雇ってその人の人生も背負っていくならば
仕事に人生の全てを懸ける人もいるけど、

 

お前はまだそのステージに
いるわけじゃないだろ?

 

お前はその辺、今は仕事!とか
キッチリ分けて考えるし
それはそれで素晴らしいとは思うけど、

真面目すぎると思う。

 

だから、仕事だけやるんじゃなくて、
恋愛も同じくらい頑張ったほうが
いいと、俺は思うんだよね。」

 

 

このくだりの後に

「だから来週の飲み会、絶対に来いよ」

と言われたので、当時はその為の
前振りで言っただけだと思っていたのですが、

 

恐らく、この時も
本当に伝えたかったのは

「自分の都合で決めるな、相手の都合も考えろ」

ということだったのだと思います。

 

 

僕はこれまで、フルスイングのセールスは
一度もやったことがありません。

 

ですが、いざ物を売る立場になった時、

「相手の都合も考え、自分の都合で販売を躊躇しない」
「相手に断られることを恐れない」

という前提は、持っているかどうかで
セールスに臨む姿勢が全く異なってくると思います。

 

なので、仕込みの段階から、
常にこの心構えを持った上で、
真正面から堂々とセールスができるよう、
準備をしていきたいと思います

 

—-

メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら

—-