こんにちは、大木です。

毎日仕入れして飯食って寝る生活が続き、
AIに仕事を奪われない内に、もっともっと
成長しなければと思う今日この頃です。

 

今日は、朝一で先日届いた
「発信する内容で集まる人が決まる」
というコンテンツを消化したので、
これに関するアウトプットをさせて頂きます。

 

このコンテンツでいう発信とは
いわゆる、ブログやメルマガを使った
情報発信のことを指しているのですが、

内容を要約すると

「自分が何を発信するかによって
どんな人が集まってくるかが決まるよ」

というお話です。

 

これだけ話すと
「そんなの当たり前じゃん」
と秒速でツッコミを入れたくなりますが、

コンテンツの大部分は、
三浦さん自信のケーススタディとして

・集まる人が、初期から現在にかけて
どのように変わっていったのか

・どういう発信をしていたら、
どんな人が集まってきたのか

ということが存分に語られ、
いざ自分が人を集める時に
どんな発信をするべきか、非常に参考になります。

 

個人的に思うのは、
集めたい人に沿って発信の内容を変えるよりも、

集めたくない人、
自分の元に来てほしくない人を
徹底的に弾くような内容の発信をする

というのも、ひとつの
方向性ではないかと感じました。

 

例えば、自分は昔野球部に居たのですが、
新入生が入部してからしばらくの間は、
球拾いに専念させたり、意識して上級生が
下級生に厳しく接していた記憶があります。

部としては、やる気のない学生を集めて
そこにエネルギーを割くことを避けたい為、
今思えば、合理的なやり方だったのだと思います。

 

ビジネス上で普段の発信以外に
トピックスとして僕らが
直接手を加えられることは、

「ブログの第一印象」
「無料レポートの内容」
「ランディングページのデザイン」

などが挙げられると思います。

一番手軽にできるのは、無料レポートでしょうか。

 

ここでも、楽して稼げるという臭いを出さずに
超絶努力しないと出来ないこと、
作れない内容のレポートを入口に置けば、

「この人についていくと、楽が出来なさそうだ」
「この人についていけば、本物の力がつきそうだ」

と、反応が二極化すると思います。

 

僕は、

・口先だけで行動が伴わない人
・頑固で自分のやり方に固執するプライドの高い人
・投資をする意識が無い人

が嫌いなので、たとえ仕事であっても
面倒を見たくない、程度が許容できなさそうな人は
できる限り、入口まで来ないようにするつもりです。

 

「何を言うべきか、言わないべきか」

情報発信を続けて、
読者が増える段階になれば
嫌でも自分の色が出てくるので、

どんなお客様を集めたいのか、
どんなお客様を集めたくないのか、

両方とも、意識して発信していきます!

—-

メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら

—-

こんにちは、BEC3.5期の大木です。

今朝は、珍しくブログの記事形式で
「売り込み」「提案」「押し売り」の違い
http://koi-comm.com/lj1d

というコンテンツが届きました。

 

特に印象に残ったのは

売らないこと・遠慮して販売することの罪

という視点です。

 

僕はこの業界を知った当初、
俗に言うノウハウコレクターだったのですが、
ある時期から、商材を全く買わなくなります。

 

そして一転、セールスに対して
かなり警戒をするようになりました。

 

 

それでも人間というのは不思議なもので、
常に以前とは違った課題や悩みを抱え、
それに応じた何かが欲しくなります。

 

「脳内が稼ぐことばかりで
 お花畑な人達に混ざるのは嫌だ!
 もっと素敵な仲間と一緒にいたい」

→「心の底から対話できる仲間を得よう!」

→「おお、いいね!」

→半年30万円のコミュニティに参加

 

「仲間同士で繋がることに安堵して
 稼いで結果を出せていないのはダサすぎる!
 稼ぐことにこだわりたい!」

→「徹底的に稼ぐことだけにこだわった
 塾を運営するけど、どう?」

→「おお、いいね!」

→半年35万円のコミュニティに参加

 

「稼げてるはずなんだけど、何故か資金が回らない」

→「本せどりやりませんか?」

→「おお、いいね!」

→本せどり開始
(金を介してはいないけど、
提示されたら間違いなく払ってた)

 

「生活自体は回っているけど、
 このままじゃジリ貧だ。突き抜けたい」

→「それは、ビジネス偏差値が低いからだ!
  それを上げると、物販の売上も上がるよ」

→「おお、なるほど!」

→BOS購入

 

この道中、衝動買いは
一切していない自負があるのですが、
それでもこれだけの決断を迫られて、
相当な金を突っ込んでいる体験からも、

 

人は常に何かを求めて悩んでいる

 

ということを、自分の体験を振り返って感じました。

 

 

多分、死ぬまでの間に、もっとこれからも
色々な悩みを新たに抱えていくのだと思います。

 

 

売る側の視点として大事なポイントは、

今要らないと思っている人にも、
その人に必要なタイミングがある

ということです。

 

僕も、もしこのBEC Online Schoolの提案が
3年前や5年前だったら、絶対に買っていません。

 

 

これに関連して、昔お世話になっていた
ナンパ師の師匠が言っていた言葉を思い出します。、

 

人生で一番大切なものって何だと思う?
俺は時間だと思うんだよ、時間。

 

例えば、金は稼ごうと思えば
努力次第で稼げるけど、時間ってのは、
二度と取り返しがつかないでしょ。

 

 

例えば、俺はもう今年で44になるから、
お前よりも、もう20年くらい
長く生きているわけ。

 

いざ恋愛を1年休んで、
また改めて頑張ろうと思ったら、
今まで一生懸命やってた時代と
同じ状態に戻るまでに、
2年かかると思った方がいいよ。

 

 

俺くらいの年になると、
若い時にしかできなかったと
思えることって、たくさん現れてくるんだ。

 

第一、恋愛ってのは
お前のタイミングだけじゃなくて、
相手がいて、タイミングが合って、
初めて成り立つんだからさ。

 

だから、お前の都合だけで
「休む」「必要無い」っていうのは、
悪く言うと、自分勝手だと思うんだよね。

 

 

恋愛ってのは、仕事と同じくらい、
情熱を注がなきゃいけないものだと
俺は思うんだよ。

 

人生ってのは、
お前一人のものじゃなくて、
お前と一緒にいる人の幸せも
含めてのものなんだからさ。

 

 

もしかしたら、
今頑張れば出逢えるはずだった人に、
これからしばらく何もしなかったら、

 

その人とは
もう一生出逢うことは無いかもしれない。

 

いい恋愛をすれば、
それが仕事への活力にも繋がって
結果的に仕事も恋愛も充実するかもしれない。

 

 

仮に、デカい事業を立ち上げるとか、
人を雇ってその人の人生も背負っていくならば
仕事に人生の全てを懸ける人もいるけど、

 

お前はまだそのステージに
いるわけじゃないだろ?

 

お前はその辺、今は仕事!とか
キッチリ分けて考えるし
それはそれで素晴らしいとは思うけど、

真面目すぎると思う。

 

だから、仕事だけやるんじゃなくて、
恋愛も同じくらい頑張ったほうが
いいと、俺は思うんだよね。」

 

 

このくだりの後に

「だから来週の飲み会、絶対に来いよ」

と言われたので、当時はその為の
前振りで言っただけだと思っていたのですが、

 

恐らく、この時も
本当に伝えたかったのは

「自分の都合で決めるな、相手の都合も考えろ」

ということだったのだと思います。

 

 

僕はこれまで、フルスイングのセールスは
一度もやったことがありません。

 

ですが、いざ物を売る立場になった時、

「相手の都合も考え、自分の都合で販売を躊躇しない」
「相手に断られることを恐れない」

という前提は、持っているかどうかで
セールスに臨む姿勢が全く異なってくると思います。

 

なので、仕込みの段階から、
常にこの心構えを持った上で、
真正面から堂々とセールスができるよう、
準備をしていきたいと思います

 

—-

メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら

—-

こんにちは、BOS受講生の大木です。

 

本日届いたコンテンツの内容は
セールスモンスター キックオフセミナーと題して

「セールスの基礎+全体像」

という内容のセミナー映像でした。

 

・セールスとは何か?
・セールスをする上で何を心掛けるべきか?
・刺さる特典とは何か?

 

など、セールスに関する様々なテーマで
講義が進む中。私が一番勉強になった話は

 

「売れる人間の条件は、
 売る商品、売る相手に関して
 誰よりも詳しいこと」

 

という話です。

 

 

「何でも売れるセールスマン」という
無双状態に到達していない段階では、

 

売る教材のことについて詳しい話をする為には、
当然ですが、誰よりもその教材を実践し、
具体的な成果を出さないといけません。

 

売る相手のことについて詳しい話をする為には、
その人と実際に会い、相手の言葉や考えなど
生の情報に触れる必要があります。

 

 

つまり、会える関係性や必然性が無いと
教材製作者にとっては、時間を割いて
会うまでの価値が無いということ。

 

「販売者は、誰よりも
実践者でなければいけない」

ということに他なりません。

 

そうなると、自分が何かの教材を実践して
成果を出すことを考える際、情報発信者にとっては
教材を売る前提で考える必要があります。

 

私は基本的に、ここ半年やってきた本せどりも、
今後やろうとしている方法も、教材化されておらず
一般に広まってない方法を積極的に選んできました。

 

しかし、セールスマンとして一番に考えることは、
稼ぐ上で都合の良い情報を、自分や一部の人間で
独占することではありません。

 

むしろその人達を表に引っ張り出したり、
セミナーや教材としてパッケージ化することで
一人でも多くの人に稼いでもらう。

 

そこまでのソリューションを提供するのが
セールスマンであり、ただ売る人間というよりは
マーケターとしての活動も、この業界では
求められるということを感じました。

 

 

事実、三浦さんのメルマガを読んでいても、
日頃から本当に色々な方と会っており、
そういった活動をしているのではないかと伺えます。

 

もちろん、まずは自分のビジネスを
しっかり軌道に乗せて安定させるのが第一ですが、
セールスマンとしては、その段階を早く超えて、
お客さんの為の活動を、より意識していきたいと思います。

 

—-

メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら

—-

こんばんは、大木です。
3連休、いかがお過ごしでしょうか?

 

僕はタスクが後手後手になり、
台風と共にツケが回ってきております。
月末に向けて、挽回していかねば!

 

今回紹介するBOSのコンテンツは、
3連休の初日に送られてきた、
「個人ブランディング概論」です。

 

これは、毎日送られてくるメール講座の中で
セミナー集客の講義と共に紹介された映像ですが、
講義の内容で最も印象に残ったテーマが、

「言わないことを決めろ」

という話でした。

 

 

これは特にタレントに顕著に現れる話ですが、
影響力を持っている人ほど、ブランディングを保つ為に
「何を言わないか」という事に物凄く気を遣っています。

 

キムタクが既婚者であることも、
嵐が喫煙をしていることも、
上戸彩が超巨乳であることも、
それぞれの事情から、情報が伏せられています。

 

「言わないことを決めろ」という話自体は
これ以前にも三浦さん自身の口から
他のコンテンツでも語られていました。

 

しかし、

「私達が実践すると、
具体的に何をすることなの?」

という点を説明していたことはなく、
分かりやすい事例がまとめられているのが、
この講義コンテンツでした。

 

 

・「彼氏の影響で語学を始めた」
という台詞は、事実でも男性ファンの為には言わない

 

・「私を変えたのは、ネットビジネスです」
それが真実だったとしても、合わない属性のお客さんに
怪しいものだという印象を与える場合、紹介しない

 

他の事例の数々も、
言われてみると、納得することばかり。

 

アーリーステージにおいては
家族の話をしないように意識していた、
という話も以前から耳にしていましたが、
その理由も、かなり詳細に説明をしていました。

 

僕自身、毎日ブログやメルマガを書いていますが、
読者さんが求めるもの、読みたいことが
それぞれにあり、書くべきことも変わってきます。

 

 

例えば、このブログは
BEC Online Schoolのタイトルにもある通り、
基本的に、この通信講座に興味のある人しか
辿り着くことはありません。

 

すると当然、書く内容は
この講座の内容に沿っている必要があり、
「自分の書きたいこと」は二の次です。

 

・BECに入ると、どんないいことがあるのか?
・三浦さんって一体どんな人なの?
・コンテンツを学ぶと、どんな効果があるの?
・これを購入すると、稼げるようになるの?
・セールスレターに載ってる人って、どんな人?
・詐欺じゃないの?
・価格が高すぎると思うんだけど、適正なの?
 それは何故?

 

逆に、上記のような内容は
もっと掘り下げて、検索した人が
辿り着けるようにする必要があります。

 

 

2カ月間、情報発信を続けてきて、
自分の思いを文章にすること自体は
段々慣れてきたので、次の課題は

「どれだけ、お客さんの求めていることを
キーワードで拾える記事が書けるか」

です。

 

Yahooニュースの記事も、教材のアウトプットも、
全て、最終的には理想の話題や相手のニーズに
沿った話に持っていくことは可能なので、

 

今後はもっと、この講座を学ぶべき人が
ブログに辿り着くことができるように、
タイトルや編集の仕方を工夫していこう。

 

そして、その人達に必要ないことや
不都合なことは、言わないようにする。

 

その二点を意識しながら、
今後もブログの運営をしていきます。

 

 

—-

メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら

—-

先日、BEC3.5期のチャットで、
「1日16時間、9年歩いた僧侶が悟ったこと」
という記事が紹介されました。
http://toyokeizai.net/articles/-/186424?display=b

 

お坊さんというのは、ひと昔前であれば
そこまで身近な存在では無かったと思います。

しかし最近は、「仏教フェス」なるものを企画し、
情報発信を積極的に行うお坊さんも現れるなど、
時代は変わってきているようです。

 

この記事で、僧侶の塩沼さんは

「イラッとしたら、まず自分の行動を振り返る」
「心配事や不安があっても、あえて考えない」
「ネガティブなことは考えず、
 ポジティブな言葉だけで過ごす」

の3つを提唱しています。

 

この言葉に自分が共感できる理由は、
本人の、骨が軋むような、強烈な体験を通じて
出てきた言葉だと、伝わってくるからです。

 

これを読んですぐに、昔、トライアスロン部時代に
2日で400kmを自転車で走った合宿の時の事を
思い出しました。

 

出発は母校のある静岡県沼津市、
行き先は愛知県の伊良湖岬です。

 

徒歩ほどの困難ではなくとも、
ロードバイクは腹筋や背筋も使って走る為、
慣れない長距離の移動は、かなり大変です。

 

当時、まだ入部して数か月しか経っておらず、
全行程の半分にも満たない開始70km時点で

「いやこれ、絶対無理だろ」

という位に脚が限界を迎えていました。

 

しかし、その状況になって初めて、

・どういう姿勢で走れば楽なのか
→ペダルを押すだけでなく、「引く」「回す」意識をする

・どういう路面を走れば楽なのか
→極力白線を走る。歩道は路面が荒れているので回避

・補給食は何を食べるべきなのか
→走るほど胃が疲れてくるので、固形の食べ物は食べない

・ギア比はどのタイミングで変えるのか
→下りや登りに入るワンテンポ前で切り替えると楽

ということを、走破するために
体が無意識に勝手に考え始め、
気が付いたら、行きの200kmを無事完走。

 

翌日の復路は、上級生の先輩方が
ドラゴンボールのナッパ戦の如く、
次々と力尽きて電車に乗りリタイアする中、

行きの何倍も楽に走ることができ、
自分一人だけが、最後まで完走できました。

 

普段仕入れをしていても、

・一ヶ月でこの目標とか絶対無理だという状況
・仕入れをしながらブログとメルマガとか
 絶対無理だという状況

になって始めて、キャパが底上げされたり
やれることが増えている感覚があり、
追い込むことの重要性を感じます。

 

こういった話は僧侶さん以外にも、

「人生で大切なことは
すべて幼稚園の砂場で学んだ」

「人生で大切なことは
すべてディズニーで学んだ」

というくだりでお話されることが多いです。

 

きっと、大きな負荷を受けてきた人、
ひとつのことを長い期間打ち込んできた人には、
共通して見える「真理」みたいなものが
あるのではないかと思います。

 

僕も、単なる僧侶さんの話では済まさず、
変換して学びに出来る、しようと考えた上で
何でも見ていく習慣をつけていきます。

—-

メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら

—-