こんばんは、大木です!

今朝届いたコンテンツのテーマは、

「本名で行くか、偽名で行くか」

 

特に、情報発信をやる上で重要なテーマですが、
やらない人でも、いつかは自分の活動について
何らかの形で、人に話をする時が来ると思います。

 

特に、学生時代や社会人になってからの友達で
身近な人に知られたくないという人にとっては、
絶対バレたくないという気持ちから、偽名を使う事は多いはず。

 

僕も本名を使っていますが、
そもそも、日常的に連絡をとっている人が皆無なので、
誰も自分の事を検索しないだろうというのが念頭にあります。

 

ただ、その状況に甘えてはいけないと思っていて、
気を付けたいのは、人に面と向かって言えないことは
文章にも絶対に書かないようにするということです。

 

家族に読まれても、

友人の親友に読まれても、

好きな人や彼女に読まれても、

オタオタするようなことは書きたくない。

 

「これ何?」と言われて
同じことがその場で言えなかったり、
言葉に詰まるようでは、ダサいと思います。

 

匿名だと、どうしてもその意識が薄くなるので
発言のひとつひとつに対して、隙が生まれる。

 

本名の発信だって、一人称を偉そうに「私」としてしまったり
人を安易にDISりそうになって、慌てて言葉を訂正したりすることは
僕自身も、日常茶飯事です。

 

偽名で身柄を隠してしまうことは、
今以上に、そういった言葉の責任に関して
意識が低くなってしまうのは、間違いないと思います。

 

実際に僕らの発信に触れる学生・社会人の方々は
人生経験が豊富な人ほど、そういった言葉の節々から
その人の本質を推し量り、

・この人は信頼に値する人なのか
・この人と一緒にいたいと思えるか

ということを判断してきます。

 

そして、一緒に何かを目指したり、ビジネスに取り組む上でも、
なかなか成果が出なくて本当に苦しい時ほど、
最後に効いてくるのは、信頼です。

・この人の言っていることは、本当に真実なのか?
・この人についていって、本当に結果が出せるのか?

最後の最後で、こういった気持ちが頭をよぎるようになります。

 

なので、本名を公開するリスクは確かに色々ありますが、
上記のような人達の心の支え、信頼の元になれるよう、
可能な限りの情報は公開した上で、発信をしていきます。

 

—-

メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら

—-

こんばんは、大木です。

今朝届いた音声とトピックは

「作業の鬼で行くか?
 情報発信でファン化活動で行くか?」

についてでした。

 

三浦さんの仰るように、この業界で大きく伸びる人は
大きく分けて、この二つのタイプのどちらかしかいません。

 

これは、自分の意思と適正、両方の面があると思います。

 

前職が製造業の職場だったのですが、
構造的にも仕事の中身にしても、情報発信をやるような
スター社員は、一切必要ない職場環境でした。

全員で力を合わせて、競合会社の製品を超える!絶対に勝つ!

そういうスタンスです。

 

当然、大勢の中にはリーダータイプの人もいましたが、
あくまでもチームワークを前提とした組織です。

その共通言語が分からない、もしくは合わない人にとっては、
エネルギーを持て余し、やりにくい職場だったかもしれません。

 

ただ、個人で働くようになってから思うのは、
そういった自分の気持ち以外のことを優先したいと思える
何かがあるというのは、羨ましい気持ちも感じるということです。

 

例えば、キヤノンに入社してから誰よりも仕事を頑張り、
早々に結婚して子供を授かった同期がいるのですが、
本当に、やることすべてに対する迷いがありません。

 

それは、先ほど挙げたような会社の体質や
自分の思い通りにならないことも含めて、
就職して入社する前から、覚悟を決めてきたからだと思います。

 

作業の鬼で行くか、情報発信主体で行くかという選択も、
果たしてどちらが自分に向いているかという面もありますが、

それ以上に、

・自分が選んだ方でやっていくという覚悟
・「絶対にやり抜く」という意思

これらを一番、大切にしていきたいと思います

 

こんにちは、大木です。

 

今日からしばらくの間、BEC Online Schoolからは

情報発信に関するコンテンツ提供があると連絡があり、

本日はその第一回の音声の配信がありました。

 

題して、「情報発信とは何か?」

 

音声の中では、

「自分の思いや信念を発信し、共感する人を集めること」

と定義されていました。

 

 

自分の信念って何だろう?

 

正直、はっきりと短いフレーズに落とせるレベルには

まだ固まっていないのが、正直なところです。

 

 

ただ、ひとつだけ強く思っていることは、

自分の会いたい人に、会いに行ける自由を

必ず手に入れたいと思っていること。

 

会社員時代、土日は休日と決められており、

給料も支払われる金額が決まっていた為、

特に何の迷いもなく、土日は余暇を楽しんでいました。

 

しかし、自分でビジネスをやるようになってから、

土日に仕事をするかしないかで、利益が数万単位で変わる為、

自然と、土日に人と会ったり、遊ぶことをしなくなりました。

 

 

自分が仕事をしている間にも、周りの人達には

日々、色々なことが起きており、連絡や関わりを絶ってしまうと、

その全てが、本当に他人事になってしまいます。

 

仕事を通じて、それ相応の充実感を得て

自分だけが満足する人生も、

それはそれでありかもしれないけど、

 

家族や恋人、友人など、自分にとって大切な人が

大切に思う瞬間には、できるだけ自分も一緒に立ち会って、

その時の感情を一緒に味わいたいと思っています。

 

その時間を、無意識の内に、自分の仕事や売上と

トレードオフで考えてしまう時ほど、悲しい事は無いです。

 

この状態は、1日も早く抜け出さないといけません。

 

 

だけど、もう会社員に戻りたいとは思わない。

 

仮に十分こなせる仕事でも、福利厚生が充実していても、

自分が情熱を燃やせないことに1日の大半を費やし、

その道のプロになる事は、人生を賭けてやることじゃない。

 

僕は、自分のやりたい事を

100%自分の自己責任でやりたい。

 

その為なら、最初は社会的信用が低い状態でも、

世間から認めてもらいにくい仕事でも、構いません。

 

・会いたい人に、会いに行ける自由

・自分のやりたいことを、自分の責任でやれる自由

 

両方を手に入れようと思うと、共感をしてもらえる人、

一緒についていこうと思う人は少数派になると思うので、

一人でも多くの人の目に留まってもらえるよう、

これからも根気強く、発信を継続していきたいと思います。

こんにちは!大木です。

 

今朝届いたメルマガで、お客様が最も欲しくて
媒体のクリック率が上がるのは、

「最新の美味しい情報」

であるということが話されていました。

 

最新の情報が欲しいと思ったら、
常に大量の情報に触れ、検証しまくらないといけません。
誰よりも早いスピードで、実践をしないといけない。

 

しかし、その検証作業に時間を割きすぎてしまうと、
本来の稼ぐ作業に割く時間が減ってしまいます。

 

物販は肉体労働、時間給の仕事に近い面も多い為、
指導者に回れば回るほど、自分はもう現役プレイヤーではない、
口先だけの人間になってしまうことが多いです。

 

だから、最新情報を追う為には、
自動化を進めて、最も最新の情報が必要な部分以外は
手を積極的に放していく必要があります。

 

例えば、外注化・納品や在庫管理の自動化が代表的な例。

 

自分が稼ぐだけなら、一人でやっていれば十分です。
外注さんを雇うのは、一時的に、面倒な作業も多くなるし、
仕事をする上での責任も増えます。

 

でも、新しいことに時間を割いて取り組んだり、
人に教えるなら、外注化してその教える部分に
集中するのは、指導者の役目であるとも思います。

 

今やっていることを頑張る一方で、

常に、何か自動化することはできないか?
楽をすることはできないか?

と考える意識。

 

今までは、自分がただただ楽をするため
という視点が多かったのですが、

誰かのため、そして指導者として
自分が成長するための壁として、
今後は捉えていきたいと思います。

 

 

—-

メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら

—-

こんにちは、大木です。

配信が始まってから半年経つBOS通信ですが、
「魅せる力」を中心としたコンテンツの数々で
度々言われているのが

「何を見せないかの方が大事」

という点です。

 

少し極端な話を言えば、自分の尊敬してやまない人が

 

・実は、金欠で毎日もやしと米で食い繋いでいる

・携帯電話の連絡が5人しかいない

・寝室にアイドルのポスターがたくさん貼ってある

 

ということを公言していたら、興覚めですよね?

 

ここまではいかなくても、情報発信をする人が
見せる必要が無い、言う必要が無いものって、
けっこう色々なところにヒントが眠っていると思うんです。

 

 

今回は、僕が個人的に情報発信をする上で
話題にしないようにしていることについて、まとめます。

 

 

・特定のプロ野球チームの批評や応援

野球自体に罪はありませんが
ことプロ野球に関しては、かなり危険な話題だと考えています。

 

以前、とある飲み会で、序盤は和やかな雰囲気だったのに、
阪神ファンの方が不用意に巨人の特定の選手をDISった結果、
一気にそこから場の雰囲気が悪くなってしまいました。

 

なので、多少の話題に触れることはあっても、
ひいきにしている特定のチームや選手を持ち上げたり、
その逆のことをするのは、地雷を踏む行為だと思っています。

 

・政治の話題

テレアポ時代の職場のSV(スーパーバイザー)さんが
政治にある日突然目覚め、沖縄の琉球新報を
会社のデスクで毎日読んでいました。

特に尖閣諸島の話題が連日ワイドショーを賑わせていた時は
朝礼の話が5分経っても終わらないし、不用意に話を振れません。

政治にはもともと詳しくはありませんが、
仮に詳しくなっても、こういったメルマガで
話題には極力挙げないようにしようと、胸に誓いました。

 

・好きなアイドルや女優の話

情報発信者のスタイルにもよりますが、
ビジネスに関する発信をしている以上、親和性が低いので、
特に始めたばかりの人には、要らない情報だと思います。

 

大木「AKBよりも、乃木坂の方が好きです」

聴衆「どうでもいいから、さっさと稼ぐ方法教えろっ!」

 

・ゲーム、アニメ、漫画の話題

先の話題にも共通することですが、
重要なポイントは「共感」してもらえるかどうかです。

 

進撃の巨人、キングダムの話なら

「分かる分かる」となるけど

 

コードギアス、花咲くいろは、エロマンガ先生など
世間ではマイナーと思われている作品の話題を挙げたたところで

「知らない、分からない」
「この人、マニアックそうで、なんか気持ち悪い」

という風に受け取られる可能性もあります。

 

先のAKBの話題も、
秋葉原の地下アイドルのように扱われていた時代に話題にするのと、
全盛期に話題にするのとでは、意味がかなり異なります。

 

自分も今後は、好きか嫌いかだけでなく、
共感してもらえるかどうかということも含めて
話題は慎重に選んでいきたいと思います。

 

 

—-

メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら

—-