ケツを決めよう!周りの人は皆、背水の陣

昨日、7月に開催された
三浦さんのセミナー動画が
BOSのメンバーサイトに
アップされました。

 

お題目は「指導者のリアル」。

三浦さんは500人近い教え子の指導経験があり、
その経験から、成果が出る人と出ない人に
どんな傾向があるか、どんな層の人が多いのか。

そんなテーマについて、言及していました。

 

自分としては、一番印象に残ったのは

「背水の陣で臨む人間が結果を出す。
だから、ケツを決めない人(期限を決めない人)は
いつまで経っても稼げない」

という部分です。

 

ここに関して、コミュニティ内に対し、
自分の意見をアウトプットすることにしました。

 

一番刺さったのは
「ケツを決める」の部分です。

 

独身で且つ親や同居人無しの環境は
ビジネスに取り組む上では、とても楽です。

ですが、この環境で五年十年過ごしていると、
自分でケツ(辞める基準)を決めない限り、
いつまで経っても結果を残せない状態でも
ズルズルと同じ状態を続けることができてしまいます。

 

もし身近で大事な人が一緒に住んでいたら
いつまで経っても結果が出せないことに対して、
貴重な土日の時間や大金を投下している状態は、
許されないですよね。

 

だったら家族サービスしてよ、
子供と遊んだり休日はどこかに出かけようよ
確実に稼げる副業に切り替えようよ

 

そんな風に言われると想像すると、
自分が返答するシーンを考えるだけで、
ちょっと心苦しい気持ちになります。

 

だから少なくとも、

誰かの為に頑張ろうとか
結果で黙らせよう、認めてもらおう

そう考え、ケツを決めて
背水の陣で挑んでくる人の比率は
高くなると思います。

 

そういった人達を相手にするからには、
三浦さんの仰る通り、相応の覚悟できていないと、
前から後ろから刺されます。

あふーん。

 

 

いざ言われてみると
当たり前のことなのですが、

音声を聞いてその辺りをより想像し、
気持ちが一段と引き締まりました。

 

自分もケツを意識して、
今まで曖昧だった部分も含め、

より具体的に目標を完遂するための
作戦を立てたいと思います!

 

 

少なくとも、
自分が努力をしていると認識している内は
まだ余力が残っている証拠なので、

残り4か月は、自分が出来ることは全部やる精神で、
タスクをどんどん詰め込んでいきたいと思います。

 

よーし、仕入れじゃ仕入れじゃ!

 

 

———-

メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら

———-

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す