社外取締役のジレンマ

上場企業では、数年前より、法律の改正により、
社外取締役を必ず用意することが要請されています。

■法務省だより 会社法改正について
http://www.moj.go.jp/KANBOU/KOHOSHI/no47/2.html

 

厳密に言えば、強制だったり
罰則があるわけではないものの
もし社外取締役を用意しない場合は

「株主総会の度に、不在である理由を
 説明しなければいけない」

とあるので、基本的には取締役を置かないと
投資家からも「何でこの会社には居ないの?」と
疑問視されるのかもしれません。

 

 

■参考記事
まったく使えない「オレオレ系」社外取締役が増殖中
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52266

 

僕は法律に関しては素人ですが、
この制度を聞いてまず、率直に違和感を感じ、
自分の考えをチャットワークに載せました。

 

理想論を言えば、一番良いのは、
社外取締役制度なんて法律を廃止して、
社外取締役を呼びたい会社が勝手に自分たちで雇うこと。

どう考えても制度化すると負担になる企業が多いはずなので
一部の方々の利権が何かしらの形で絡んでる臭いがします。

 

ただ、会社が大きくなり、役員が大勢必要になったり
会社内のあらゆる事が社内制度や法律で縛られると
この記事で掲げるような不条理ゼロの環境は絶対にありません。

・相性の合わない役員を呼んでストレス溜まる
・反対意見多発で経営の判断やスピードが遅くなる

これら全部、会社が抱える金と時間の
必要経費だと考えて仕事をするべきです。

 

使えない社外取締役が呼ばれる原因も、
必ず会社側のどこかににあります。

・外部の人や利権によって、呼ぶ具体的な人物を
ゴリ推しされるなら、その人の力が及ばない組織作りをする。
・人選のセンスが無さすぎる社内の担当者がいるなら
担当者を変えたり、選考するプロセスを変更する。

そうやって原因を辿れば、必ず解決策はあるはず。

 

そのプロセスや努力が面倒だと思うなら、
大企業には入社しない方がいいです。
個人でビジネスを立ち上げ、自由にやりましょう!

 

僕は社会人生活最初の六年間、
キヤノンに勤めていましたが、
一番印象に残ったのは、とにかく全員が

「組織の成果」ないし「会社の成果」を
第一に考えて仕事をしていたことです。

 

当然、大人数で仕事をしていると、
自分の思い通りに行かないことは
たくさん出てきます。

 

評価計画が、開発の仕様変更や
納品スケジュール変更により
1からやり直しなんてのは、日常茶飯事です。

 

ですが、そこで勝手な仕事のやり方をしたり、
個人の意見を仕事に持ち込んでしまうと
メーカーの製品は、いつまでも完成しません。

 

だから、そういった不確定要素も
全て受け入れて仕事をするからこそ、
給料が発生するのだと思います。

 

役員どうしのいざこざ、
経営方針が固まらないなどの悩みは
それとは比較にならないレベルの話ですが、

正直、それも会社の経営をする上での
必要経費として考えるものではないか、
記事を読んで、経験上、僕はそう感じました。

 

会社員の仕事でも、経営者の仕事でも、
世の中にある仕事というのは、基本的に
他人が本来はやりたくないことの代行業です。

もし仕事が、誰もがやりたくてたまらないことなら、
そこにお金を払ってもらう必然性が生まれません。
時給0円でも、やりたい人がいくらでも手を挙げます。

 

つまり、

「世の中における、どんな苦行なら、
自分は限りなく少ないストレスで楽しく請け負えるか」

を考えるのが、仕事を選ぶポイントです。

 

せどりや物販ビジネスも、
世の中のすべての人を対象にすると、
人によっては

・何だかイメージが悪くて恥ずかしい
・在庫を持ちたくない
・稼げても肉体労働は嫌だ

などの理由で、
絶対にやりたくないという人は、必ず一定数います。

 

でも、

・宝探しをしているようで楽しい
・個人事業で即金性と効率性を考えたら最も合理的
・単純に、家電や本が好きで好きでたまらない

など、人によっては、
限りなく少ないストレスで、
且つ楽しみながら、やれる人もいます。

 

それは、キヤノンで働く人も、
接客業や営業畑で働く人も同じです。

 

「自分は、どんな仕事なら、
 少ないストレスで、楽しみを見出しながら
 30年40年、取り組むことができるのか」

 

今やっている仕事に疑問を感じているなら、
目の前の売上や給料をしっかり稼ぐことも大事ですが、
並行して、長期的に考えていきましょう。

 

僕も、あと30年40年、
今の仕事をそのまま続の形でけるつもりは無いので、
しっかりゴールを見据えて、戦略を練っていきます。

 

おし、書いてたらやる気出てきた!

 

—-

メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒<a href=”http://aotake01.com/form_if.cgi?type=5&amp;id=main” target=”blank”>こちら</a>

—-

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す