売れるセールスマンの条件【BEC Online School】

こんにちは、BOS受講生の大木です。

 

本日届いたコンテンツの内容は
セールスモンスター キックオフセミナーと題して

「セールスの基礎+全体像」

という内容のセミナー映像でした。

 

・セールスとは何か?
・セールスをする上で何を心掛けるべきか?
・刺さる特典とは何か?

 

など、セールスに関する様々なテーマで
講義が進む中。私が一番勉強になった話は

 

「売れる人間の条件は、
 売る商品、売る相手に関して
 誰よりも詳しいこと」

 

という話です。

 

 

「何でも売れるセールスマン」という
無双状態に到達していない段階では、

 

売る教材のことについて詳しい話をする為には、
当然ですが、誰よりもその教材を実践し、
具体的な成果を出さないといけません。

 

売る相手のことについて詳しい話をする為には、
その人と実際に会い、相手の言葉や考えなど
生の情報に触れる必要があります。

 

 

つまり、会える関係性や必然性が無いと
教材製作者にとっては、時間を割いて
会うまでの価値が無いということ。

 

「販売者は、誰よりも
実践者でなければいけない」

ということに他なりません。

 

そうなると、自分が何かの教材を実践して
成果を出すことを考える際、情報発信者にとっては
教材を売る前提で考える必要があります。

 

私は基本的に、ここ半年やってきた本せどりも、
今後やろうとしている方法も、教材化されておらず
一般に広まってない方法を積極的に選んできました。

 

しかし、セールスマンとして一番に考えることは、
稼ぐ上で都合の良い情報を、自分や一部の人間で
独占することではありません。

 

むしろその人達を表に引っ張り出したり、
セミナーや教材としてパッケージ化することで
一人でも多くの人に稼いでもらう。

 

そこまでのソリューションを提供するのが
セールスマンであり、ただ売る人間というよりは
マーケターとしての活動も、この業界では
求められるということを感じました。

 

 

事実、三浦さんのメルマガを読んでいても、
日頃から本当に色々な方と会っており、
そういった活動をしているのではないかと伺えます。

 

もちろん、まずは自分のビジネスを
しっかり軌道に乗せて安定させるのが第一ですが、
セールスマンとしては、その段階を早く超えて、
お客さんの為の活動を、より意識していきたいと思います。

 

—-

メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら

—-

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す