数のステージを超えていけ【BEC Online School】

こんにちは、大木です。

ブログやメルマガも、
記事数が溜まってくると
人間、欲が出てくるもので、

 

アクセスや読者数を増やしたり、
より多くの人に読んでもらえるようになりたい
という気持ちが沸いてきます。

 

 

しかし、どんなに願ったところで、
然るべきアクションをとらないと
一向に読者数は増えていきません。

 

今回は、そんな集客に関するコンテンツ、
「自然増のススメ」についてお話します。

 

 

自然増というのは、

「自分のコンテンツに必ず触れた上で
 自然に読者が増えていく現象」

をここでは指しており、三浦さんご自身の
具体例については、ブログとFacebookを挙げています。

 

 

この自然増を行う上で

「〇〇のステージを超える」

と題して、圧倒的な作業量が
必要な段階があるという話がありました。

 

・Youtube
・Facebook
・ブログの記事数

 

こういった各分野で突き抜けた人が
一体何をしてきているのか?
その概要が、詳しく解説されています。

 

 

個人的に、圧倒的な作業を行う上で大事なのは

「いかに、自分が
 その作業を楽しめる要素があるか」

という点だと思っています。

 

 

就職活動~サラリーマン経験のある方は
分かると思いますが、
世の中に、自分が一方的にやりたいことを
100%やって成立する仕事は、存在しません。

 

そんなものがあれば、全員がやりたがるから
消費者からお金が発生する理由が無いからです。

 

 

例えば、転職エージェントの仕事は
転職希望者と採用検討者の板挟みになることですが、
第三者向けに無給でやりたい人は絶対に現れません。

 

だけど、人に寄り添うことや、背中を押すことに
喜びを感じる人、自分の使命だと思っている人なら
報酬を貰い、やりたい気持ちと相殺して、
仕事として成立します。

 

 

僕の場合、潜在的に人から作ったものを見てもらったり
人に物申すのが元々好きな気持ちがあるからこそ、
ブログやメルマガを書くのが一方的な苦行にならないです。

 

人によっては、Youtubeをひたすら研究するのが好きな人や
サイトをひたすら作りこむ職人気質な人もいると思います。

 

そういう人は、そっちで頑張ればいい。
自分の「好き」が通用する
それぞれのステージがあるということです。

 

 

自分の好きなことに対する気持ちと
そこから生まれるエネルギーも併用して、
数のステージを一気に超えていきましょう!

 

 

 

—-

メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら

—-

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す