何を言うのか、言わないのか【BEC Online School】

こんにちは、大木です。

配信が始まってから半年経つBOS通信ですが、
「魅せる力」を中心としたコンテンツの数々で
度々言われているのが

「何を見せないかの方が大事」

という点です。

 

少し極端な話を言えば、自分の尊敬してやまない人が

 

・実は、金欠で毎日もやしと米で食い繋いでいる

・携帯電話の連絡が5人しかいない

・寝室にアイドルのポスターがたくさん貼ってある

 

ということを公言していたら、興覚めですよね?

 

ここまではいかなくても、情報発信をする人が
見せる必要が無い、言う必要が無いものって、
けっこう色々なところにヒントが眠っていると思うんです。

 

 

今回は、僕が個人的に情報発信をする上で
話題にしないようにしていることについて、まとめます。

 

 

・特定のプロ野球チームの批評や応援

野球自体に罪はありませんが
ことプロ野球に関しては、かなり危険な話題だと考えています。

 

以前、とある飲み会で、序盤は和やかな雰囲気だったのに、
阪神ファンの方が不用意に巨人の特定の選手をDISった結果、
一気にそこから場の雰囲気が悪くなってしまいました。

 

なので、多少の話題に触れることはあっても、
ひいきにしている特定のチームや選手を持ち上げたり、
その逆のことをするのは、地雷を踏む行為だと思っています。

 

・政治の話題

テレアポ時代の職場のSV(スーパーバイザー)さんが
政治にある日突然目覚め、沖縄の琉球新報を
会社のデスクで毎日読んでいました。

特に尖閣諸島の話題が連日ワイドショーを賑わせていた時は
朝礼の話が5分経っても終わらないし、不用意に話を振れません。

政治にはもともと詳しくはありませんが、
仮に詳しくなっても、こういったメルマガで
話題には極力挙げないようにしようと、胸に誓いました。

 

・好きなアイドルや女優の話

情報発信者のスタイルにもよりますが、
ビジネスに関する発信をしている以上、親和性が低いので、
特に始めたばかりの人には、要らない情報だと思います。

 

大木「AKBよりも、乃木坂の方が好きです」

聴衆「どうでもいいから、さっさと稼ぐ方法教えろっ!」

 

・ゲーム、アニメ、漫画の話題

先の話題にも共通することですが、
重要なポイントは「共感」してもらえるかどうかです。

 

進撃の巨人、キングダムの話なら

「分かる分かる」となるけど

 

コードギアス、花咲くいろは、エロマンガ先生など
世間ではマイナーと思われている作品の話題を挙げたたところで

「知らない、分からない」
「この人、マニアックそうで、なんか気持ち悪い」

という風に受け取られる可能性もあります。

 

先のAKBの話題も、
秋葉原の地下アイドルのように扱われていた時代に話題にするのと、
全盛期に話題にするのとでは、意味がかなり異なります。

 

自分も今後は、好きか嫌いかだけでなく、
共感してもらえるかどうかということも含めて
話題は慎重に選んでいきたいと思います。

 

 

—-

メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら

—-

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す