夢から逃げるな【BEC Online School】

こんばんは!大木です。

ネットビジネスと一言に言っても
色々なジャンルがありますが、
共通してひとつ、気になることがあります。

 

それは、情報発信者によく見られる、

「その分野以外の話しかしない/できない」

という人です。

 

・家電せどらーのAです!

・トレンドアフィリのBです!

・YoutuberのCです!

 

こうなると長期的に見て何が一番問題かというと、
それ以外の話題を簡単には扱えなくなること。

 

 

「やっぱり今の時代は、本せどりですよね!」

と声高に先月まで話していた人が、ある日突然、

「これからの時代は、ビットコインです!」

とか言い始めたら、興醒めしてしまうのは間違いありません。

 

その一方で、今朝のBOSのメルマガで
三浦さんが仰っていたように
次から次へと違う分野の話を繰り出してくる人もいます。

 

その違いに対する回答は、

「セールスをして、自分の抽象度を上げているから」

という解説がされていました。

 

ただ、個人的に気になるのは、

そもそも、何故、普通の人は抽象度が低くなるのか

ということ。

 

僕は、特に年齢が高くなればなるほど、

自分の夢について、深く考えていないからだと思います。

 

「俺の将来の目標は、転売のプロになることだ!」

っていう人は、ほとんど居ないと思うんですよ。

 

仮に一時的にやることや始めることはあっても、

例えば野心にギラギラ燃えている若い男性だったら

 

・起業して年商〇〇億の会社を作りたい

・堀江さんやサイバーエージェントの藤田社長みたいに
 皆から尊敬を集める人気者になりたい

・フェラーリやカウンタックを買って乗り回したい

・女子アナやモデル級に可愛い子と彼氏彼女になりたい

 

全部ネット上からの適当な声を拾って集めたものですが、
実際、同じようなことを自分も思ってた時期があるので、
外してはいないと思います。

 

ところが、年齢が30を超え始めてくると
自分の天井を無意識の内に決めてしまったり、守りに入り、
昔ほど自分の夢についてしっかり考えることがなくなります。

 

自分も例には漏れず、転売をずっとやっていると
それが当たり前の状態になってしまい。、

「転売をやっている自分」

という抽象度の低い状態で、
あらゆることを考えるようになってしまいます。

 

 

このままの思考状態ではダメだ。
いつまで経っても抽象度を上げることはできません。

 

冷静に考えれば、30を超えたとは言っても、
独身で子供もおらず、しがみつきたい
特定の会社や、社会的地位も信用もありません。

 

多分、世間一般の悩み多き20代前半の人達よりは
圧倒的に失うものが少なく、自由に生きていると思います。

何かあっても、命まで取られることは無い。

 

だったら、もっと自分の気持ちに蓋をしないで、
デカい夢と、くだらない夢を追ってみようじゃないか。

 

顔や体は老けても、心の若いオッサンを目指します。
若い者には負けないぞ!

—-

メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら

—-

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す