一度経験すると、何でも二度目は段違いに楽になる

こんにちは、大木です。

BEC Online Schoolに参加している方、
その発信者の情報に触れている方は、
この記事が投稿されている頃、祭り状態です。

 

何の祭りかというと?

主催者の三浦孝偉さんプロデュースの元、
BEC Online Schoolのメンバーの中から
4人の講師が合作で作った教材、

「インターネットビジネスの歩き方」

の一般販売開始に伴う、
一斉セールスが開始されたというお祭りです。

 

僕もこれまで、たくさんの教材を購入してきましたが、
自分が売る側に回るのは初めてでした。

販売初日を迎える時点で、

「教材を販売する側だと、こんなにも違うのか」

というほど、本当に色々な壁にぶつかり、
多くのことを経験させてもらっています。


1.教材製作者と関係を作らないと、販売の土俵に立てない

具体的には、例えば、販売する側の場合、
そもそも、教材を作って販売している人達と
人間関係を作るのが、絶対に必要になります。

そうでないと、いざ新しい教材が世の中にリリースされても
その情報に全く触れることができないので、特典を考えたり、
伏線を10日前や1ヶ月前から考えることなんて、出来ません。

 

なので、販売を生業とするなら、人間関係を作り、
時にはお金を払って教材やコミュニティに投資してでも、
販売の土俵に立つことが、何よりも大事だと思います。


2.コンテンツ製作能力がそのまま、準備力に直結する

情報発信能力や、日頃の信頼の積み重ねも大事ですが、
セールスは、言い換えれば、魅力的な特典の販売合戦です。

無料レポートだろうが、普段の音声配信、動画配信だろうが、
魅力的なコンテンツを短時間で、より多く作る能力を磨かないと、
特典をいざという時に、ダダダっと素早く用意できない。

 

とは言っても、一体自分に作れるのかと不安に駆られながら
実際に作ってみると、どのくらいで何が作れるかは予測が立つし、
しっかり時間を確保すれば、PDFも動画も、相応のものが出来る。

コンテンツ作りは、セールスの時だけではなく、
とにかく普段から作りまくることで、
製作スピードも品質も挙げて、準備しておくものだと
今回の件で、痛感させられました。

 

自分や他の人の様子を見ていても、
販売開始までの準備の時点で、勝敗の2-3割は占めている
と言っても、過言では無いような気がします。

 

そうは言っても、まだ、販売初日です。

野球で言えば、まだ初回が始まったばかり。
ここから先行販売終了まで、やれることはまだまだあります。

コンテンツも作りまくって、挽回しますぞー!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す