何故、副業をやる必要があるのか?

僕はサラリーマン生活が6年間あり、
その後の個人事業主となった期間も含めて、
割と人との交友関係は広い方でした。

 

ビジネス界隈の人、趣味の界隈の人達とも
毎月交流がある人もおり、よく都内に足を運んでいました。

 

 

しかし、仕事に専念したり、
休日を副業に回すようになると、当然ですが、
真っ先にこの、遊ぶ時間を削ることになります。

 

友達との付き合いは悪くなるし、
楽しい時間も減ります。

 

 

朝から晩まで仕入れにいったり
家で一日中リサーチをする日が増えると

「俺は今、何故こんな事をしているんだろう?」
「俺が本当にやりたいことは、これなのか?」

みたいに自問自答をしたくなる時もあるでしょう。

 

 

にも拘わらず、世の中には、僕やあなただけでなく、
数えきれないくらい多くの人が、副業の情報を探し、

人によっては、多種多様な教材を購入しています。

 

 

何故だと思いますか?

 

それは、ある程度の年齢に差し掛かると、
本格的にお金の悩みが表面化してくるからです。

 

 

中でも一番大きな課題は、年齢を重ねれば重ねるほど、
仕事を選ぶためのハードルが上がっていくこと。

 

 

一度辞めてる経験から言えることは、

20代の人が仕事を失うことへの危機感が薄い理由は、
正規雇用と非正規雇用の間で、給料の差額が少ないからです。

 

 

仕事によっては、正社員よりも
バイトや契約社員の方が給料が高いこともあります。

実際、テレアポ時代、一番の稼ぎ頭はアルバイトで、
上位のメンバーは皆、社員以上に稼いでいました。

 

 

少なくとも、その仕事をしていることで、
自分は社会から必要とされているんだという自負があれば
人と交流もできるし、普通に暮らす分には問題ありません。

 

 

しかし、非正規は雇われの限り、何歳になっても
ずっと給料が上がらず、会社都合でいつでもクビにできます。

 

年齢が上がるほど再就職は厳しくなり、
肉体労働も難しくなり、サービス業からも需要が無くなる。

 

 

例えば、ブックオフの店員さんに、
40代の男性がほとんどいない理由は何故か?

 

店長さんからしてみれば、頭が固くて
素直でないオッサンと一緒に仕事をするよりも、

若くて素直な人や可愛い子と一緒に働いた方が
楽しいし、仕事も円滑に進みます。

 

 

接客される側としても、それは同じ。

 

つまるところ、そういうことです。

 

誤解してほしくないのは、
正社員安泰、最高!ではないということ。

 

仕事が選べなくなる状況になればなるほど、
雇われてる立場を失うリスクも大きくなるので、

 

・年齢相応の能力が無いと、左遷の対象になる
・嫌な仕事を命じられても、断ることができない
・会社の業績によって、自分の不安も増減する

 

など、結局のところ、何もしないまま
年を重ねると、リスクは上がり続けるのです。

 

「仕事から帰ってきて副業とか、
マジでしんどい。眠くなる」

「仕事以外の時は、酒を飲まないとやってられない」

「土日まで作業して遊ぶ時間減らすとか、つまらない。
誰にも友達に合わないと、ストレスが溜まる」

 

こういう気持ちはすごく分かります。

 

 

だからこそ、漠然とした将来への不安を感じていたり、
実際に何かお金で困っていることがあったとしたら、

 

是非一度、真剣に考えてみてください。

 

今抱えている悩みや不安を保留にすると、
いつか必ず、もう一度大きくなって返ってきます。

 

 

30や35など、節目の年齢に差し掛かった時、

「あの時もっと、こうしていれば」

と思う人は、一人でも減らしたいと思っています。

 

 

会社員か事業主かは関係無く、
自分が本当にやりたいこと、
やりがいを感じていることを仕事にしよう。

 

僕はそう思います。

 

でも実際に、そういう選択をしている人が
一体どれくらいいるんだろう?

 

美容師やアパレルを辞め、20代後半で給料の為に
畑違いの人材業界に移った人を、僕は何人も知っています。

 

仕事を続けるための障害が、月にプラス5万10万、
給料以外の収入を増やす程度で解決することならば?

 

十分にやる価値があることです。

 

 

僕は今年一杯は転売一本に集中する予定ですが、
年明けからは、Youtubeにも進出するつもりでいます。

 

一人でコソコソ小銭を稼いだり
情報を延々と漁るのはもう止めて、

 

本腰を入れて自分の生活を変えるために、
この教材の内容やブックオフの仕入れを、
一緒に実践していきませんか?

 

あなたのご参加を、お待ちしています!
→ https://www.infotop.jp/click.php?aid=7060&iid=72772&pfg=1

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す