デザインを学ぶとは、どういうことか

スクリーンショット 2013-12-30 13.12.51

僕が今身に付けているデザインの技術は、

WEBに表示する画像のデザインです。

 

その中でも特に、

「ランディングページ」を作るための技術を指します。

 

 

最近は、安価で印刷できる企業を知ったり、

名刺デザインの方法を追加で勉強したことにより、

名刺のデザインもできるようになりました。

 

 

 

これらは何で製作しているかというと、

Adobeという会社が作った画像編集ソフト、

「Photoshop」というものです。

http://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html

 

 

最初に言っておきますが、

これ以外のソフトでは、「デザイン」と呼べるレベルの

画像編集は、十分にできないと断言します。

 

理由は色々あります。

 

 

○世界で最も多くの人が使っている画像編集ソフトだから

→書類編集なら「Word」、表計算なら「Excel」のように、

Photoshopは、世界共通の、最も多くの人が使っている

画像編集ソフトです。

当然、大規模な仕事、複数の人の手を跨いだり

共同で製作するような画像製作物は、

そのほとんどがPhotoshopで作られています。

 

 

 

 

○先人の行った画像処理技術を無料でコピーできるから

 

 

→例えば、表示されている画像全体に

 

「黄色+青のグラデーションから、

セピアを徐々に混ぜていく」

 

などの細かい加工プロセスがあったとします。

 

 

Photoshopでは、こういった自分以外の人が行った

一連の画像処理を、ボタンひとつでコピーして、

他の画像や、自分以外の人が作った画像の処理で

全く同じように使い回すことができるのです。

 

 

レトロ風な画像にする作業も、

一部だけ「ぼかし」を入れたりする作業も、

思いのままです。

 

 

一流のデザイナーの画像加工技術を、

「アクション」というファイルをコピーして、

丸々パクることができます。

 

 

これは、作業時間を大きく短縮する機能の一つです。

 

 

 

 

○ネット上に、あらゆる画像素材の

作り方や、完成物が無料で転がっているから

 

→画像加工をしていくと、

 

「画面中央に向けての集中線を作りたい」

「女性の画像の中から、ニキビを除去したい」

「あの有名起業家のヘッダーのような画像素材が欲しい」

 

などの欲求が生まれてくると思います。

 

 

でも、Photoshopでは、

世界共通の画像編集素材が、無料で使用可能なものが

いくらでもネット上に転がっているのです。

 

 

そして、それらの画像加工自体も、

フリーのペイントソフトとは違い、

最小1ピクセル単位の細かい画像加工が可能になります。

 

 

こういった理由から、

世界中のほぼ全てのデザイナーは、

Photoshopを使ってデザインを行っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ