面白い登場人物が出てくる話の共通点【BEC Online School】

こんにちは、大木です!

 

先週受講した、BOS主催者の三浦さんによる
KOTOBAの歩き方セミナーの中盤で

「言語化能力を上げる」

というパートの話があり、

 

その中で

「面白いメディアには、
魅力的な登場人物の出現はMUSTである」

という解説があったのですが、

登場人物を常に新鮮な状態に保つために
必要なのは、定期的に新しいことに挑戦することです。

 

新しい事をしないと、実際にやっている事が、
転売は仕入れ先と家の往復だけになり、
登場する人物がかなり限られてしまう。

 

だからこそ、数少ない外界との接点である

「BEC3.5期」
「同業仲間」

とのエピソードをもっと深堀りすること、

そして、今後実際にどんな人に出会って何をするかを、
ある程度戦略的に計画していく必要があると感じました。

 

・せどりの売上復活
・古物商の取得
・業者へのテレアポ
・ダミーの買取依頼
・買取の開始
・アナログの営業
・本界隈の人とのやりとり

 

上記は一例ですが、新しい取り組みをしていけば、
誰かしら関わる人や団体は必ず出てきます。

 

そして、自分が関わる人に関しては、
1から10まで
詳しく解説すればいいというものじゃない。

 

小説を読んできても、
一見、次から次へと登場人物が出てくるようですが、

物語の後半への伏線が張られていたり、
一つ一つの登場パートにも必ず意味があります。

 

逆に、MOVキャラ一人一人に名前を与えたり
物語に対して無意味な設定を追加したりすると、
読む人の意識が散漫してしまい、最後まで読んでもらえません。

 

最近は、湯船に入り、身体が十分に温まって
のぼせるまでの間の時間だけ小説を読んでいますが、

慣れない頭で読む物語小説でも、
実によく練られているものだなと
読む度に感心しています。

 

今後も、新しい活動から話を膨らませること、
そして、見せる人見せない人の判断を、
しっかり考えた上で発信を行っていきます!

 
—-
メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら
—-

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す