競争の無い世界で戦う【BEC Online School】

こんにちは!大木です。

ここ連日、マーケティングに関するセミナーの動画が
繰り返し共有され、その重要さが何度も説かれています。

 

それだけ、マーケティングという視点が
ビジネスにおいて重要だという事の現れですが、
ひとつ、気になった話があります。

それは、僕ら個人事業主にとって、
「価格競争」は最後の手段だということです。

 

値段の下げ合いになった場合、
当然ながら、資本力のある大手が有利になります。

 

例えば、月間1000万円の値下げにも耐えられる大手が
月間50万や100万の売上利益で回している個人を潰す場合、
利益を度外視して、その商品を徹底マークすれば可能です。

Amazonやメルカリでは、価格競争は自然と皆考えますが、
安易に手を染めると、利益が減る一方。

 

逆に、資本力のある大手は、零細企業が値下げ競争で瘦せ細ったり
その値下げをした商品を刈り取った後、値段が戻ってきたところで
高い値段で売るなど、資金を長期間寝かせることが可能になります。

 

つまり、どうやっても不利になる。

だからこそ個人事業や零細企業は、
いかに最初から、競争の無い世界で戦うかというのが
基本中の基本になります。

 

どんなに素晴らしい品質の商品やサービスを用意しても、
全く同じものを用意されて価格競争に巻き込まれたら
値段の力には、絶対に勝てません。

それだけ、人は商品の選択において、
まず自分の予算、価格から線引きをしています。

 

情報を売る、ブランドを売るという視点で考える時も、
お金が他のものに置き換わるだけで、考え方は同じです。

採算度外視のサービスを特典に付けて何かを販売する時も、
自分の時間や労力を過剰に付け続けると、
売れば売る程、自分自身が疲弊していくことになります。

 

だからこそ、高額のバックエンドを用意して回収するか、
沢山売れてもレバレッジが効く形での価値提供を
考えていかなければいけない。

 

もちろん、ゼロから最初の実績を挙げる上では
ケチなことばかり考えてはいられませんが、
規模拡大を進める上では、過剰サービス合戦以外を考えないと
安易に値下げに走る事業主と、同じ思考のままです。

 

自分も今後色々な形でセールスを行っていきますが、
この辺りのことは、常に気を付けておきたいと思います。

 
—-
メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら
—-

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す