人に直接教わる前に、その人の界隈のブログを読む意味

こんにちは、大木です。

 

今日は、BOSコンテンツの

アウトプットではないのですが、

 

人のブログや情報発信を読むことの

意味について少し、考えてみたいと思います。

 

 

タイトルにもある通り、このブログは

BEC Online Schoolのアウトプットブログとして

 

・学んだことを知識として定着させる

・自分が学んできたことを記録しておく

・BOSを検索してきた人の疑問を解決する

 

という目的の為に設立し、更新してきました。

 

 

ですが、最近、何名かのブログを読んでいて、

 

「自分が指導者から受けた指導について、

間接的にその指導を、読者にも与える」

 

という効果があることを感じています。

 

具体的には、BEC3.5期の主催者、直哉さんのブログ。

 

・たくさんのメルマガを読めという指導を受けた

→メルマガを100通以上登録して読んだ

 

文章だと数行で終わる内容だし、

その背景や詳細は全く分かりませんが、

少なくとも、この裏には、何かしらの指導の跡があった。

 

すると、実際に自分が三浦さんから指導を受けたり、

教材を買ったりする以前に、この人が

一体どんな人なのかを想像する余地が生まれてきます。

 

 

キングコングの西野さんのブログも

彼がどんな人なのかを知るために、

アーカイブを遡ってみました。

 

・努力することを選べ

・鼻で笑われる挑戦以外に価値は無い

・後輩の悪口はいらない

・メモを必ず取る、その場で取る

 

普段の取り組みそのものは詳細まで載せていませんが、

それでも節々に、自分が大切にしている信念や

言葉そのものを知ることができます。

 

吉本の養成所時代、先輩のロザン菅さんに

・その行動に何の意味があるのか

・その行動の先に何があるのか

・その行動によって、恩恵を受ける人と

ワリを食う人は、どれだけ発生するのか

 

これを毎日一つ一つの行動に対して

毎日問われ続けてきたというエピソードも

書いてありました。

 

少なくとも、同じ水準でものを考える胆力が無いと

同じ目線には立てないし、

一緒にものづくりや企画をすることは一生出来ない。

 

ブログを読んでいるだけでも、そう感じます。

 

 

ネットビジネスの世界、

指導者と教え子の関係というのは

お金を払うだけで成立する事がほとんどです。

 

ですが、お互いに長期間関わる中で、

お互いの深い部分や、教える場合は

相手のことを掘らないといけない部分も当然出てきます。

 

 

喧嘩別れをしたり、嫌な面が見えた結果、

教えてもらったことを全く聞き入れなくなるような

関係になるのは、お互いにとってすごく残念な事。

 

 

だからこそ、教わる立場の人間は

指導を受ける前にブログを隅々まで読んで

相手の実績だけじゃなく、人となりを知るべきだし、

 

 

僕ら教える側も、相手が安心して教われるよう、

自分の想いや人となりの部分を、

しっかり語らないといけない。

 

頻繁に更新をすることで、この人は信頼できると

思ってもらわないといけない。

 

それは、相手のためでもあり、

結果として自分のためでもあります。

 

 

物販を突き詰めようと思えば思うほど、

人に対する思いやりや優しさが無くなっていくのは

自分自身の行いを見ていても、実感します。

 

 

この一年、転売や情報発信を頑張った結果、

プライベートでは、数多くの友達との縁を切りました。

 

友達と会うことを、売上や金に換算して考える感覚は

必要な面もある一方で、度が過ぎると、本当に残念な人になる。

 

お前は一体、何のために仕事をやっているんだよ。

 

そこは、来年の自分の課題です。

売上を上げて、自分の周りの人を

もっと大事にできるようになる。

 

これから新たに出会う人もたくさんいると思いますが、

素敵な人と巡り合い、共に毎日を過ごせるよう、

自分の中にある思いを、リアルに発信していきます。

—-
メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら
—-

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す