先日、aikoさんが骨折したという
以下の記事がシェアされたのですが、

BEC3.5期のメンバーの一人が、
まさにこの骨折翌日のライブを
見に行ってたそうです。

■aiko、ツアー中に左足骨折していた
プロ根性で完遂「骨折するほど楽しかったです!」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00000303-oric-ent

 

骨折しながらツアー決行するのが
一体どれくらい凄いことかは
ライブの現場に行ったことがほとんどないので
想像でしか分からないのですが、

歌うのって、それ自体が
物凄いエネルギーを使うじゃないですか。

おまけに、数千人とか
数万人とかのエネルギーを浴びながら
十曲とか二十曲とか歌うわけじゃないですか。

おまけに、曲と曲の間には
MCの時間があるわけじゃないですか。

僕が歌う立場だったら、歌のことよりも
フリートークのネタがスベったりしてしまったら
どうやって挽回しようとか想像してしまいます。

だから、aikoさんが
骨折を隠してツアー完遂したのは
本当に凄いと思うんですよ。

僕がこれを読んで思い出すのは、
中学時代、まだサッカー日本代表の現役だった
中田英寿さんが、何かのテレビ番組で
ポロリと発言していたことについてです。

これは強烈に印象に残っているので、
先日、記事の内容に添えてアウトプットさせて頂きました。

サッカー元日本代表の中田英寿選手が

「ケガをしても、風邪を引いても、
試合に出てチームの力になれる限り、
絶対に試合に出る」

みたいな事を話していたのを聞いて以来、
学生時代の野球の練習や、社会人なりたての仕事で
体調不良時に踏ん張る力になったのを思い出します。

どんな競技でも、練習に求めるもの、
試合に求めるもの、目指すもの、
みんなそれぞれ、基準値が違うじゃないですか。

越えるべき対象がいるなら、
少しでもその人の側に近づいて、
ひとつでも多くの基準値を漁りにいきます。

社会人時代にこれは強く感じたことですが、
どんなに素材がキラキラしている人でも、
基準値の高い上司の下で育てられないと、伸びません。

職場によっては、売上やノルマが厳しかったりして
部署のエース社員が売上を挙げる現場から離れられず、
マネジメントや部下の育成に全く手がかけられない、
なんてことがあったりします。

僕は新卒では大企業推奨派ですが、理由は

・売上を挙げる力
・論理的に物事を考え相手に伝える力
・相手の気持ちを推し量って言葉や行動を選ぶ力

これら社会人の基礎的な力を
できるだけ高い水準で身に付けるためには

・それが身についている先輩や上司が多くいる
・教育や育成にリソースを回す余力(売上)があり
 体制が整っている

可能な限り、そういう環境に
身を置けた方が、後々困らないからです。

そして、業界にもよりますが、会社の規模が大きくなると
取引先になり得る企業の人以外と関わる直接の理由が無い為、
普段、知り合ったり友達になる機会が、ほとんどありません。

囲碁とかやってると、たまーに
電通やフジテレビの人とか碁会所来ることありますが
趣味以外のことで縁がある事は、ほとんど無いです。

だから、講座を主宰している
三浦さんみたいに、

「博報堂に13年間勤め、
第一線で活躍したにも関わらず
個人ビジネスの世界に降りてくる」

というケースは、非常に珍しいです。

同じような人は
二度と出てこないんじゃないかな。

だから、どんなに高いお金を積んでも、

「三浦さんの言葉を浴びたい」
「三浦さんの基準値を知りたい」
「仕事のやり方や考え方を知りたい」
「コミュニケーションの極意を知りたい」

という人がいるのは、
不思議なことではありません。

本来、会いたい人や学びたい人がいたところで、
どんなにお金を積んだとしても、関係が無ければ
会話の一言すらできないのが普通だから。

お金を投資して、誰よりも努力をすれば、
発信者やリーダーと繋がる道が
「誰にでも」「平等に」用意されている。

そんな環境が今目の前にあることに
今はただ、感謝して、一日一日を
頑張っていきたいと思います。

—-

メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら

—-

鳥貴族が28年ぶりに
均一商品の値上げを発表しました。

 

・これまで28年間ずっと
値上げをしてこなかったこと
・今回値上げに踏み切ったこと

の両面から、
「会社として譲れなかったもの・守るべきもの」
に関する経営者のメッセージが感じられ、
とても好感が持てるニュースでした。

鳥貴族の決断に見える激安居酒屋の限界価格
http://toyokeizai.net/articles/-/187580?display=b

 

以前、とある経営者の先輩から、

「価格設定は商売をする上で一番面白いところだ」

と教わったことがありますが、
単に数字の上げ下げという情報を一段深く追うと、
企業としての姿勢、経営者の哲学を垣間見る気がします。

 

上記のニュースも、連日行われている
BEC3.5期の課題として挙がったものですが、
自分は、以下のようなアウトプットをしました。

鳥貴族は東京の蒲田店に一度入ったことがありますが、
席が狭かったこと以外は特に気にならず、
肉の品質が良くて、普通の居酒屋と遜色ありません。

値段は安いに越したことはないものの、
やはり「最低限これだけは」という基準値があったり
コスパの良いサービスを選びたいという客の心理があるので
一概に値段だけで客足が離れるとは思わないです。

あと、すごく感心したのが

>「当時飛ぶ鳥を落とす勢いで成長していたワタミに着目、
>居食屋「和民」の近くに店を出し、おこぼれをちょうだいする
>「コバンザメ商法」を展開することにした。

>これなら立地の選定やマーケティング調査などに
>時間や費用をかける必要がない。

これは確かに!と思います。
他店の不良在庫を買い取って始めたドン・キホーテみたいに、
やはり、新興企業の経営者は、目の付け所が鋭く、
ハイエナみたいですね。

 

僕らの業界も、少し頭を捻れば、
インサイダーアフィリエイトをしたり
実績のあるステップメールを
片っ端から読んでノウハウを吸収するなど

「どうすれば売上が上がるのか」

を根詰めて考えれば、
まだまだ出来ることは多いと思うので、
コバンザメとハイエナの精神でいきたいと思います!

 

周りを見ていても、自分で商売をやっている人は
いかに周りを出し抜くか、皆と違うところに視点を置くか、
ということを心掛けており、それが差別化要因になっています。

 

例えば、僕は現在、
本せどりを軸にやっていますが、

10月末から、本とCDカテゴリの手数料計算式と
カテゴリ制約料が上がり、商品ひとつにつき
手数料が60円の値上がりになります。

 

月に2000冊を販売していると、
単純に、利益が12万円削られることになるので、
本を中心にやっている人からすれば、大きな影響です。

 

恐らく、今本せどりをやっている人は、来月にかけて、
半数近くが「もう古本販売では商売が成立しない」と
安易に考えて、一気に撤退すると思います。

 

しかし、今の手法を教えてもらった師匠に相談したところ

 

・皆が撤退すれば、結局儲かる本が
仕入れられる確率が上がるのではないか

・Amazon店舗で1円で古本を販売する業者がいなくなり、
これを機に、日本中の古本相場が一気に上がるのではないか

・薄利多売せどらーが完全撤退することで
僕ら以上に大打撃を受けるブックオフ側の苦肉の策として
「80円本コーナー設置」「セール乱発」などの影響が出る

 

という理由から、
全く不安に感じることはないとのこと。

 

鳥貴族の値上げも、
確かに一時的には苦しいはずです。

でも、苦しい状況だからこそ、しっかり耐え凌いで
お客さんに品質の良いサービスを提供し続けていれば、
体力や体制が持たない競合の居酒屋は
これからバタバタ倒産していき、結果的に今よりも
経営が楽になる時期が来るのではないでしょうか。

 

多分本当の正念場は、消費税が10%になる時ですね。
個人の飲食店や飲み屋は、果たしてモンテローザ系や
鳥貴族に勝てる余地はあるのでしょうか?

 

自分も苦しい状況の時ほど、
他の店舗も同じように苦しんでおり、
そこをアイデアの工夫と耐える力で乗り越えることで、
他のお店との差別化を図っていきたいと思います!

 

—-

メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら

—-

 

昨日、7月に開催された
三浦さんのセミナー動画が
BOSのメンバーサイトに
アップされました。

 

お題目は「指導者のリアル」。

三浦さんは500人近い教え子の指導経験があり、
その経験から、成果が出る人と出ない人に
どんな傾向があるか、どんな層の人が多いのか。

そんなテーマについて、言及していました。

 

自分としては、一番印象に残ったのは

「背水の陣で臨む人間が結果を出す。
だから、ケツを決めない人(期限を決めない人)は
いつまで経っても稼げない」

という部分です。

 

ここに関して、コミュニティ内に対し、
自分の意見をアウトプットすることにしました。

 

一番刺さったのは
「ケツを決める」の部分です。

 

独身で且つ親や同居人無しの環境は
ビジネスに取り組む上では、とても楽です。

ですが、この環境で五年十年過ごしていると、
自分でケツ(辞める基準)を決めない限り、
いつまで経っても結果を残せない状態でも
ズルズルと同じ状態を続けることができてしまいます。

 

もし身近で大事な人が一緒に住んでいたら
いつまで経っても結果が出せないことに対して、
貴重な土日の時間や大金を投下している状態は、
許されないですよね。

 

だったら家族サービスしてよ、
子供と遊んだり休日はどこかに出かけようよ
確実に稼げる副業に切り替えようよ

 

そんな風に言われると想像すると、
自分が返答するシーンを考えるだけで、
ちょっと心苦しい気持ちになります。

 

だから少なくとも、

誰かの為に頑張ろうとか
結果で黙らせよう、認めてもらおう

そう考え、ケツを決めて
背水の陣で挑んでくる人の比率は
高くなると思います。

 

そういった人達を相手にするからには、
三浦さんの仰る通り、相応の覚悟できていないと、
前から後ろから刺されます。

あふーん。

 

 

いざ言われてみると
当たり前のことなのですが、

音声を聞いてその辺りをより想像し、
気持ちが一段と引き締まりました。

 

自分もケツを意識して、
今まで曖昧だった部分も含め、

より具体的に目標を完遂するための
作戦を立てたいと思います!

 

 

少なくとも、
自分が努力をしていると認識している内は
まだ余力が残っている証拠なので、

残り4か月は、自分が出来ることは全部やる精神で、
タスクをどんどん詰め込んでいきたいと思います。

 

よーし、仕入れじゃ仕入れじゃ!

 

 

———-

メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら

———-

BEC3.5期に入ってから、
ニュースサイトのシェア記事を通じて、
世の中の色々なジャンルの
知識に触れる機会が増えました。

 

その根底にあるのは、
ヒットを出したり、話題になる出来事の根底にあるものを
理解すれば、それを自分のビジネスに生かせるから。

 

今回紹介したこの記事では、
そのヒットの要因を

「因数分解して出てくる言葉」

という風に表現しています。

 

なるほど。

確かにこれなら
何の要素がキーワードなのかを追えば
自分の作る映画に転用する際、
共通項を探す目安になる。

 

そして、自分は元々製造業で働いていたので、
製作期間・リサーチや商品企画という言葉に
ビビッと反応しました。

 

以下、自分のコミュニティ内でのアウトプットです。

 

——————————

プリンターを作る際も、平均開発期間が3年かかりますが、
映画との違いは、大口の取引先との会社同士の関係があり、
金額もデカいので絶対に失敗が許されないということです。

その為、この記事中で否定されている、
マーケティングリサーチや、実際にプリンターの無線機から
送信される実使用データに基づいた商品開発が行われます。

個人ビジネスの強みは、

・リサーチから商品企画までの間が短いので
お客さんのニーズを的確に満たすコンテンツが作れる
・仮に失敗しても、自分の力を超えた会社や組織の責任を
代行する必要が無いので、安心してリスクを背負っていける

という点だと思うので、

大きな仕事をしたい人や
社会貢献性が高い仕事に
携わりたい人は大企業や国営企業、

規模が小さくても、自分のやりたいことを実現したり
自由な仕事のやり方、ライフスタイルを求める人は
個人ビジネス、

という棲み分けができるのではないでしょうか。

 

せっかくこうして個人で情報発信をやっている以上、
周りの目を気にして当たり障りのない商品企画
(ここで言えば情報発信?)に終始しないよう、
思い切って何でもやっていこうと思います。

 

——————————

 

製造業は「団体戦」という言葉がしっくりきますが、
色々な大人の事情が絡んでくる為、自分の作りたいものを
作ったり、一個人の理想の追求は優先度が下がります。

その上で尚、何かを作りたいという情熱を持った人が
ものづくりに関わるべきだし、現場で学んできたことは、
仕事が変わった今も、忘れないようにしたいと思います。

BEC3.5期のチャットでは、
毎日ニュースサイトの記事から
主催者の井上さんが選抜したものが
あるタイミングで、唐突に投稿されます。

それについて思ったことを
メンバー各々がアウトプットするというのが課題です。

 

一件、意味が無いように思いますが、
情報発信で自分の考えていることを伝えたり
相手の心に刺さるようにするためには、

「メタファー(例え)を鍛える」
「視点を鍛える」
「共感されるような話をする」

というのがとても重要になるので、
それを鍛える、野球でいう素振りのような練習です。

 

今日は、こんな記事が紹介されました。

http://diamond.jp/articles/-/141000

「20代は満足度が高いらしい、、」

という前振りがあったので、
きっと直哉さんは、ここに違和感を感じて、

居酒屋にいたらビールを1杯2杯、ぐびぐび飲みながら
ブツブツ文句を言いたくなるような気持ちなのでしょう。

 

よし、代弁してやろうじゃないか!
色々思うところもあり、自分はこんな形で投稿をしました。

20代で仕事を頑張らなかった人は、30代で夢を失うので
仕事は若いうちに頑張った方がいいです。

何か具体的に夢が出来ても、その為の仕事にもう就けない、
若い人に体力勝負で勝てない、かかる時間に対して寿命が足りない、
出会うべき人にオッサンだと可愛がってもらえないなど、
加齢と共に現実的に達成する術が少しずつ減っていきます。

何かを頑張り抜いて得られる充足感と違い、
調和そのものや趣味で得られる充足感というのは
あくまでも今ある手持ちのリソースを再分配して得られた
充足感であり、総資産が増えている訳ではありません。

多分、著者の違和感はそこにあると思います。

 

ただ、例えば極端な話、
「仕事における真の充足感を得るために物販やろう!」
と馬鹿正直に言っても一人も振り向いてもらえないと思うので、
最初はほどほどに甘い台詞や美味しい特典も存分に使って、
本当に伝えたいことや、本当の顧客満足というのは
後付けで提供していくのが、スマートだと思いました。

なので、自分も飴と鞭をうまく使い分けたり、
「何を言わないか」をより意識していこうと思います。

これに加えて話すと、
著者の違和感の理由は、若者の価値観の多様化です。

 

今は幸せの選択肢として
「フリーターになり、最低限の金を稼いで徹底的に仕事をしない」
というのが、世間体さえ気にしなければ十分に成立する時代です。

また、
24時間365日仕事のことを考えている人は、趣味に走る余力など無く、
休日があったら寝て休んで仕事に備えるような人がほとんどです。

 

逆に、休日に囲碁をやるような人は、仕事の話を持ち出すと
途端に嫌そうな顔をして、今を楽しむことに全身全霊をかけており
そこに生きがいを感じているのではないかと思います。

著者は東京オリンピックや高度経済成長、バブル崩壊など
激動の時代を過ごしているので、20代が仕事を頑張らないこと自体が
信じられないといった思惑を察することができます。

 

情報発信をする立場としては、リーダーシップを発揮できる人が
減ることは、逆に自分たちの希少価値が高まる環境なので、
日々の活動で自信をつけ、数少ないリーダーの一人として、
調和志向の若い人の良さを、逆に生かしていけるようになりたいです。

 

———-

メールマガジンを配信しています。
無料登録は⇒こちら

———-